勉強

大学生にお勧めなのはノート?ルーズリーフ?特徴をしっかりご紹介!

The following two tabs change content below.
アバター

kiyo

普段は料理や日常の事についてのブログを運営しています。 中華とお肉料理が得意です。 時折その他のジャンルも作ったりします。 毎回料理作ってブログを楽しんでいます。
カナ
カナ
うーん、今後はこっちを使う方が良いのかな。
どうしようかな。

kiyo
kiyo
こんにちは、カナさん。
何か考えているんですか?

カナ
カナ
あっ、こんにちはkiyoさん。
私は今大学の授業でノートを使っていますが、友人は皆ルーズリーフなんですよ。
それで、皆からルーズリーフに変えたらって勧められまして。

kiyo
kiyo
あぁ、ルーズリーフの事でしたか。
ノートも良いですが、ルーズリーフも勉強面で色々と便利なんですよね。

カナ
カナ
そうなんですか。
でも、私はこれまでノート派でしたので、いきなりルーズリーフに変えてもメリットがあるのか全然分かりません。
このままでも勉強に問題無いと思ったりします。

kiyo
kiyo
では、これからノートとルーズリーフの特徴等をご紹介しますので、それから判断されてはどうでしょう。
そっちの方が良いかと思いますよ。

カナ
カナ
本当ですか!
是非宜しくお願いします!

学生生活で欠かせないノートの存在。

学習した内容を記録する為、学生は日々ノートに書き続けています。

現代ではノートだけのみに限らず、ルーズリーフも学習環境に大変適しています。

利便性等ではノートにも負けない機能を誇っており、必要とされています。

しかし、ノートも全てが劣っている訳ではありません。

こうなると、どちらが良いか分からなくなって来ますね。

今回はノートとルーズリーフの特徴をご紹介します。

こんな疑問を解決します

  • ノートとルーズリーフ特徴は何か。
  • 両方の違いは何か。
  • 大学の授業自体の特徴は何か。

この疑問を解決する為に一緒に始めて行きましょう!

大学の授業の特徴

まず、大学の授業の特徴が解らないと、ノートとルーズリーフの使い道がはっきりしません。

カナ
カナ
ここは改めて知っておく方が良いかもしれませんね。
私が在学している大学だけで無く、全国の大学の共通点を知る良い機会にもなります。

kiyo
kiyo
そうですね、そこから理解する事が必要な時もあります。
各大学の教員によってバラバラですからね。
では、大学の授業の特徴を確認しましょう。

勉強のやる気や効率アップ!?人気の勉強管理アプリランキングトップ5 SNSやゲーム以外にも、最近は勉強のやる気や効率をアップしてくれるアプリもたくさん出ていますよね! 実際に活用している人も多いので...

大学の授業の特徴①教授によってやり方が違う

最初の大学の授業の特徴は、教授によってやり方が違う事です。

各学部の授業でも教授によっては、授業の進め方や構成が違って来たりします。

カナ
カナ
これは確かに違いはありますね。
違う学部に行った高校時代からの友人と話していた時に、教授の授業のやり方の違いを話題にしたりしました。

kiyo
kiyo
勿論、違いはあるでしょう。
高校の場合でも各教員の授業の進め方に特徴的な違いがありましたからね。
自分が卒業した高校でも、同じ教科担当が2人位いましたが、友人達と比較し合ったりしました。

カナ
カナ
やはり、教授の方々の個性が活かされているからなのですね。

kiyo
kiyo
そういう事です。
では、大まかな違いをまとめましたので、確認しましょう。

 

教授によって授業のやり方が違う所は以下の通りです。

  • パワーポイントがメインの授業で、スライドの印刷物の配布を同時に行うタイプ。
  • レジュメの配布のみのタイプ。
  • ディスカッション形式の授業で、レジュメの配布を同時に行うタイプ。

 

因みにレジュメは、この様な意味です。

  • 要約・概要という意味、レジュメとも言う。
  • 論文の内容等を簡潔にまとめたもの。
  • 研究発表・講演等の要旨印刷した物。

この様に教授のやり方によってはレジュメを配布したりパワーポイントを活かしてそれを参考にするやり方等授業が構成されています。

kiyo
kiyo
レジュメという言葉自体は大学から使われていますが、高校まではプリントと呼んで、生徒に参考資料を配布したりしていましたね。

カナ
カナ
そうでしたね、最初聴いた時は全く意味が解りませんでした。
後々、調べてやっと意味を理解しましたが、それまでは何となくで対応するしかありませんでした。

kiyo
kiyo
それは仕方がない事ですね。
カナさんも今では授業に集中出来ていると思いますし、各教授の授業のやり方の中でも、パワーポイントにより要約する内容を映してくれる点が、一般企業でも会議等で活かされていますので、カナさんもパワーポイントの使い道自体を参考にすると良いですよ。

カナ
カナ
はい、分かりました。

大学の授業の特徴②授業の取り組み方が高校とは異なる

2つ目の大学の授業の特徴は、授業の取り組み方が高校とは異なる所です。

高校の授業で覚える量や、授業の進み具合は各校のレベルにより様々ですが、大学と比較するとまだ一定となっており、その覚え方も大学のよりかは、まだ単純な傾向にあります。

https://twitter.com/bunkyo_nyushi/status/1116959377708204033?s=20

kiyo
kiyo
これは確かな事ですね。
高校時代を振り返ると、学生になってから専門分野を学ぶ事よりも、まだ基礎的な事を応用しつつ覚えていく形でしたね。

カナ
カナ
大学は、自分の学びたい事を中心としてますよね。
でも、この比較をからどういった結論が導き出せるのでしょうか。

kiyo
kiyo
そこをしっかりまとめましたので、確認しましょう。

 

授業の取り組み方が高校とは異なるのは以下の通りです。

  • 高校の頃とは異なり黒板に書いた内容を全部書き写す事は少ない。
  • 高校の頃とは異なりメモを全て書く必要が無く必要な部分だけをメモすれば良い。
  • 高校は暗記をして学ぶ所大学は授業からヒントを得て学ぶ所。

高校までの一定のレールに沿った内容とは全く違い、大学は授業の内容から自分で要約して行く柔軟性が必要となっています。

カナ
カナ
私も今はこれに必死ですよ。
高校の授業の方が、まだ型が出来ていましたからね。

kiyo
kiyo
カナさんも今が頑張り時ですよ。
授業の取り組み方が大きく変わった事で、苦労する事も多くありますが、その分まとめ方に長けたりしますので、大学の授業は貪欲になって取り組む価値は充分あります。

カナ
カナ
まだまだ、ここで諦めていてはいけませんね。
頑張らないと!

kiyo
kiyo
卒業まで前進あるのみですよ。
4年間の大学生活は無意味では無いですからね。

カナ
カナ
はい!

大学の授業の特徴③文系と理系に大きく分かれて授業を行う

3つ目の大学の授業の特徴は、文系と理系に大きく分かれて授業を行う所です。

大学では、文系・理系の学部に大きく分かれ、授業の内容から活動までも全く違って来ます。

https://twitter.com/n3i1AMR/status/1038954539980742657?s=20

kiyo
kiyo
そういえば、カナさんは文系ですか、理系ですか?

カナ
カナ
私は文系です。
外国語を学んでいます。

kiyo
kiyo
文系でしたか。
自分は理系でして、プログラミングを中心とした内容でしたよ。
学んでいたのは、C言語を中心としたプログラミング言語の学習でしたので、覚えながらのデバッグ作業や、課題制作での完成後の達成感は未だに忘れていません。

カナ
カナ
kiyoさんは理系の道に進んだんですね。
私は今の外国語をしっかり勉強していますが、奥が深く感じていますよ。

kiyo
kiyo
それぞれ、良い印象がありますね。
では、その特徴をまとめましたので、確認しましょう。

 

文系と理系に大きく分かれて授業を行う特徴は以下の通りです。

  • 文系は1年次が特に忙しいが、理系は研究活動により卒業まで常に忙しい。
  • 文系では選択授業が多く取れるが、理系は必修科目が多い。
  • 文系と理系では研究の仕方が異なり、文系は文献や聞き取り調査を参考に研究する事が多いが、理系は実験結果を参考に研究を進める事が多い。

文系と理系での授業や研究活動の取り組み方は違って来ますので、その分ノートやルーズリーフでのまとめ方も同様の状況となって来ます。

カナ
カナ
文系と理系では違いは色々ありますが、自分が学びたい事に時間を充てられるかが重要となって来ますね。

kiyo
kiyo
これは学生の必須条件ですからね。
その際のノートやルーズリーフでのまとめ方がまた、重要になって来るんですよ。
自分は当時、ノートを使用していましたが、そこに基本的な内容の手書き入力が可能になれる様に、授業中と自宅でひたすら覚えたプログラミング言語の内容を、シャーペンでまとめ書きをしていましたよ。
今思えば、要領悪いなと思ったりもしますが、その粘り強さは生きています。

カナ
カナ
凄く勉強に集中していたんですね。
私も頑張って、勉強をしないといけません。

kiyo
kiyo
カナさんなら大丈夫ですよ。
では、次に行ってみましょう。

https://twitter.com/hinamaturi4268/status/1169268956894392320?s=20

ルーズリーフの特徴

これまでは、大学と高校の授業の特徴と違いをご紹介しました。

では、大学の授業で活かされているルーズリーフの特徴は一体何なのか、その点をこれからご紹介して行きます。

kiyo
kiyo
カナさん、ここからが本題ですよ。

カナ
カナ
そうですね、授業等の比較から、持参する教材の比較になりますね。

kiyo
kiyo
カナさんはノート派でしたね。
自分もノートをよく使いました。
ここではルーズリーフの特徴をご紹介しますので、改めてルーズリーフの利点を知って行く事も、重要となって来ますよ。

カナ
カナ
はい、これをしっかり確認して、ルーズリーフの良さを理解したいと思います。

kiyo
kiyo
よし、準備は出来ましたね。
それでは、始めましょう。

【勉強のコツ】集中力が続かない時は「時間」を意識するのがベスト! 集中して勉強できればスルスルと頭に入る知識も、集中していない状態では何もしていないに等しい時間を過ごしてしまいます。 https:...

ルーズリーフの特徴①1冊だけでも充分使える

 

最初のルーズリーフの特徴は1冊だけでも充分使える事です。

大学の授業は高校までと違ったまとめ方で行いますので、その分ルーズリーフの利点をしっかり活かす事が出来ます。

カナ
カナ
ルーズリーフの利点は具体的にどの様な内容なんでしょう。
非常に気になります。

kiyo
kiyo
まずは、ここから良さを見つけて行きましょう。

 

1冊でも上手く使えるメリットは以下の通りです。

  • 大学の授業が5コマあっても1度に必要な分のまとめが可能。
  • 大学の授業でメモする箇所は思ったより少ない場合があるのでルーズリーフ全ページを上手く使い切れる。
  • 高校よりもまとめる量は少ないのでピンポイントをまとめるのに適したルーズリーフが妥当な場合もある。

大学の授業のまとめる内容は想像よりも少ない分、ルーズリーフ一冊でも適切な対応が可能になります。

カナ
カナ
これだけでも、ルーズリーフを使用したくなりました。
勉強に直ぐに活かせそうですね。

kiyo
kiyo
大学の授業は自分で結論を見つけなければなりませんし、メモする内容も狭く深くなんです。

カナ
カナ
私もそのやり方でまとめていますので、ノートに書く内容は結構細かい所までに達しています。
ですので、ノートの使い方は高校までとは大分違って来ますね。
ルーズリーフの使い道の方が良いかもしれません。

kiyo
kiyo
では、更にルーズリーフの良さを確認しましょう。

勉強で青ペンを使用すると効果的?この理由と勉強方法をご紹介! 授業の内容を書き写し記録する際に必要なペンの存在。 それは、シャーペンの様に記入のみの物から、色ペ...

ルーズリーフの特徴②負担の軽減

2つ目のルーズリーフの特徴は、負担の軽減です。

複数持参したりする必要があるノートに対して、ルーズリーフは負担を抑えられる所が魅力的でもあります。

https://twitter.com/Hands_Shinjuku/status/830309267190145024?s=20

 

カナ
カナ
これも気になりますね。
ルーズリーフのもう1つのメリットも期待出来ますね。

kiyo
kiyo
これは学生の人にとっても有難い内容だと思いますよ。
では、まとめた内容を確認しましょう。

 

負担の軽減については以下の通りです。

  • 大学の授業ではルーズリーフ1冊でまとめられる為持参する数も抑えられて負担を減らせる。
  • 持参点数が減る分コスト面の負担も軽減出来る。
  • 複数持参する必要があるノートに対して、多種類の用紙をファイルに閉じれるので負担が減る。

様々な用途から負担を軽減でき、大変使い勝手の良い所がルーズリーフの良い所です。

カナ
カナ
これは私でも楽に扱えそうです。
こんなメリットがあるなんて、知りませんでした。

kiyo
kiyo
こうした使い方がある事を知った事により、ルーズリーフの価値観を改めて見直す事が出来ましたね。
次は、ノートの番です。
しっかり確認しましょう。

ノートの特徴

ルーズリーフの特徴をご紹介して来ましたが、次はノートの特徴をご紹介します。

kiyo
kiyo
自分とカナさんがよく使っているノートを、今度はご紹介して行きますよ。

カナ
カナ
次はノートですね。
これもしっかり特徴を確認して行きたいですね。

kiyo
kiyo
そうですね。
では、始めましょう。

勉強の方法がわからないあなたに。効率よく勉強を進める3つの方法 https://twitter.com/sakahiro765/status/1155690185662664704 どのように勉...

ノートの特徴①整理・管理のし易さ

最初のノートの特徴は、整理・管理のし易さです。

1冊に固められて作られたノートならではの特徴であり、これを活かして勉強に励む事が出来ます。

カナ
カナ
これは私もよくしますが、改めて確認してノートの整理・管理のし易さを詳しく知って行きたいです。

kiyo
kiyo
自分も過去にノートはよく使いましたからね。
では、まとめた内容を確認しましょう。

 

整理・管理のし易さの特徴は以下の通りです。

  • ルーズリーフと違いページがまとまっている為散乱する事は無い。
  • 背表紙により、本棚で本と紛れていても直ぐ見つけ易い。
  • 時系列順にノートを使用するので、並べた順番だけでもいつ使ったノートなのかを把握し易い。

ルーズリフトよりも整理と管理が容易なので、テスト週間でも大事な資料を失わずに済む事が出来ます。

カナ
カナ
これなら、安心して使用する事が出来ますね。

kiyo
kiyo
ノートの最も良い特徴が整理面と管理面の容易さですからね。
子供の頃から使用していますから、尚更実感しますね。

カナ
カナ
それで、今も違和感無く使えているんですね。
改めて納得しました。

kiyo
kiyo
それは良かったです。
では、次に進みましょう。

【勉強方法】大学生のノートの取り方【How to take notes?】中学や高校、大学で授業を受ける上でノートを取りますね。「授業ノート」又は「授業用ノート」を作っていたと思います。 多くの人たちがノ...

ノートの特徴②達成感を実感出来る

2つ目のノートの特徴は、達成感を実感出来る事です。

自分がこれまで勉学に費やした時間を振り返る事が出来るのも、ノートの良さです。

kiyo
kiyo
カナさんは、たまには過去のノートを見る事はありますか?

カナ
カナ
私は余りしない方です。
現状の事に集中していたいですし。

kiyo
kiyo
でも、時には見てみると良い事もありますよ。

カナ
カナ
そうなんですか。
何だか、気になります。

kiyo
kiyo
では、まとめましたので、確認しましょう。

 

達成感を実感出来る特徴は以下の通りです。

  • 自分の過去の勉強の取り組み方が解り懐かしみながら当時を思い出す事が出来る。
  • 現在の勉強内容ノート全部使ってやり遂げた事により充実した気持ちになれる。
  • 上記の事を継続する事で、必然的に勉学への意識を高められる。

自分のこれまでの実績を見返す事で、今後の勉学への意欲を湧かせ取り組む姿勢を高めてもくれます。

kiyo
kiyo
カナさん、こういう使い方もあるんですよ。
時には振り返って、原点に戻った気持ちになると、勉強も捗ります。
それは、社会に出ても同じです。
時には初心に戻る事は大切なんです。

カナ
カナ
とても参考になりました。
自宅にあるノートを探してみて、気持ちを切り替えてみたいと思いました。

kiyo
kiyo
その気持ち、忘れないで下さいね。

まとめ

今回はノートとルーズリーフの特徴をご紹介しました。

 

以下がまとめとなります。

  • 大学では、ピンポイントのみをまとめ書きするのでルーズリーフ位の軽量な教材でも充分に活かす事が出来る。
  • 整理するのが得意な人はルーズリーフ苦手な人はノートがお勧め。
  • 過去の実績を振り返りたい程勉学に集中するなら、ノートが活かされる。
カナ
カナ
今回は双方の利点をしっかり知る事が出来て良かったと思います。

kiyo
kiyo
こちらこそ、嬉しい限りです。
勉強に必要な教材として捉え、上手く利用して行けるだけでも充分です。

カナ
カナ
今回は本当にありがとうございました。

kiyo
kiyo
こちらこそ、ありがとうございました。
大学生活頑張って下さい!

カナ
カナ
はい!