大学生お役立ち情報

手帳のおすすめ10選!学生のスケジュール管理には手帳が必須!

The following two tabs change content below.
maimekko

maimekko

北海道在住の28歳女です。 美味しいもの、コーヒー、ムーミンが大好きです。
レポートの締切いつだっけ?

明日デートの約束してたの忘れてた!

あなたは毎日のスケジュール管理はどうやって行っていますか?

大学生は、授業の予定だけでなく、サークル、レポート、
試験、アルバイト、プライベートなど、とにかく忙しいので、
毎日のスケジュール管理は欠かせませんよね。

最近は、スマホのアプリでスケジュールを管理している人も多いのではないでしょうか。

ですが、手書きのほうが実はメリットが多いって知ってましたか?
とくに、夢や目標など叶えたいことがある人に、手帳はぴったりのツールなんです。

わたしは、高校生のときから手帳が好きで、毎年色々なものを試しています。
一年間使うものなので、今年はどんなのにしようか…と考えて選ぶのも楽しみの一つとなっています。

今回は、10年以上手帳を愛用しているわたしがおすすめする手帳10選をご紹介します。

この記事を読むとわかること

  1. 手書きの手帳のメリット
  2. スマホのメリット
  3. おすすめの手帳10選

手書きのメリット

  • 手で書き込むことによって、脳が活性化する。
  • ボキャブラリーが増える。
  • 手で書き込むので、記憶に残りやすい。
  • スマホが使えない状況、場所でも書き込むことが出来る。
  • 夢や目標を実現させるためのツールとして使える。
    (文字にして可視化することによって、叶えやすくなる。)
  • 就活中スマホの出しにくい場面でも、スケジュールの確認、メモが出来る。

スマホのメリット

  • 荷物が少なくて済む。
  • アラーム機能を使えば、事前に予定を教えてくれる。

おすすめの手帳10選

Rollbahn (ロルバーン)

豊富なカラーバリエーションとシンプルでおしゃれなデザインが人気のロルバーン。
価格も1000円前後とリーズナブルな点も魅力の一つです。
収納ポケットも5つついているので、写真や映画の半券などをしまっておくのにもぴったりです。

出典Amazon

https://instagram.com/p/B2h8MhtJv2e/

ほぼ日手帳

タレント、エッセイストとして活躍する糸井重里さんが設立した手帳ブランド。豊富なデザインがあるので、人とかぶりたくない人にも良いと思います。
一日1ページなので、日記としても使うことが出来、とにかくたくさん書きたい人におすすめです。
ページごとに、糸井さんの名言が書かれているそうで、その名言を楽しみにしているファンもいるそうです。

糸井さんの言葉に毎日元気をもらったり、励まされている人もいるそうですよ!

出典Amazon

高橋手帳

書店や文房具屋さんの手帳コーナーで必ずと言っていいほど見かける高橋手帳。
ページのフォントの種類や文字の大きさ、スケジュール欄の幅までこだわって作られており、使い勝手の良い手帳です。
紙も上質なものが使われているそうで、さまざまな文房具に対応していてとにかく書きやすいと評判だそうです。

出典Amazon

Moleskine (モレスキン)

おしゃれで高級感のあるデザインが豊富なイタリアのブランド、モレスキン。
モレスキン社のノートは、かつてピカソやゴッホ、ヘミングウェイなど有名な画家や思想家なども愛用していたそうです。
近年話題となっている、バレットジャーナル用のノートとしても人気が高いです。
マンスリー、ウィークリー、デイリー、ノートと種類も豊富なので自分のライフスタイルに合ったものを選ぶのがおすすめです。

出典Amazon

 

LEUCHTTURM (ロイヒトトゥルム)

モレスキンと同様、おしゃれで高級感のあるデザインが豊富なドイツのブランド、
ロイヒトトゥルム。
万年筆でも裏抜けしない上質な紙が使われています。
こちらもバレットジャーナルとしてよく使われています。

出典Amazon

フランクリンプランナー

自分が達成したい目標や理想を実現させるためのタイムマネジメントツールとして作られています。
スティーブン・R・コヴィー博士著の『7つの習慣 人格主義の回復』という本を実践するためのツールとして使うことが出来ます。

出典Amazon

MUJI(無印良品)

無印良品らしくとてもシンプルなデザインの手帳です。
価格も1000円前後と気軽に手に取りやすい金額なのもありがたいですよね。
マンスリーページ、ウィークリーページ、方眼ページのみと、とにかく無駄がなくシンプルな内容となっています。
ステッカーを貼ったり、マスキングテープでデコレーションしたり自分好みにカスタマイズしたい人にもおすすめです。

出典無印良品

View this post on Instagram

* . 8月はじまりの手帳と迷って 70%offだった3月はじまりをゲット。 . バーチカルもウィークリーも 他の手帳があるんだけど サイズダウンしたい欲があり… . 来年はお手軽な無印手帳を メインにするつもりだから 練習もかねて(?) . . 手帳触らなすぎてて デコり方とかも忘れてる。 . 沢山買い込んだデザペとか 全く使えてないしなあ… もう少ししたら復活出来るかな。 . . #手帳 #手帳タイム #手帳好き #手帳時間 #diary #planner #バーチカル手帳 #無印良品 #無印手帳 #購入品 #購入記録 #無印購入品 #スケジュール帳 #シンプル #無印好き #muji #dayoff

A post shared by p.o.muu (@_____pom.is.me) on

QUOVADIS (クオバディス)

正方形型のデザインが特徴的なクオバディス。
カバーの種類、カラーが豊富なので、自分好みのものと出会えるはずです。
人とかぶりたくない、個性的なデザインを求める人にもおすすめです。

出典Amazon

NOLTY(能率手帳)

メイド・イン・ジャパンということで、印刷、裁断、製本などどこを取ってもクオリティの高い手帳です。
目標や夢を書き込むスペースもあり、自分を見つめ成長するための工夫が施されているそうです。

出典Amazon

トラベラーズノート

シンプルなデザインで「旅行するように毎日を過ごすノート」というコンセプトで作られているトラベラーズノート。
表紙カバーが、革製なので使うほど愛着が湧いてくると思います。
リフィルの入れ替え、ペンホルダー、チャーム、小物入れなどのアイテムも多く販売されているので、自分の好きなようにカスタマイズ出来ます。

出典Amazon

EDit

株式会社マークスから販売されているEDit。
デイリーページは一日1ページなので、日記を書くことも出来ます。
とにかくいろんなことを書き込みたい人におすすめです。

わたしも、学生時代、1度だけEDitを使ったことがありますが、
デイリーページが特にお気に入りでした。
その日の授業で必要な持ち物、タスクなどを主に書き込んでいました。
1日1ページは多いかな、、と思っていましたが、メモに使ったり、
お小遣い帳をつけたり、プリクラや映画の半券を貼って日記を書いたりしてたので、
意外と使えました。

出典Amazon

まとめ

手書きの手帳は夢や目標を叶えるのにぴったりのツール

おすすめの手帳

  • Rollbahn(ロルバーン)
  • ほぼ日手帳
  • 高橋手帳
  • Moleskine(モレスキン)
  • LEUCHTTURM(ロイヒトトゥルム)
  • フランクリンプランナー
  • MUJI(無印良品)
  • QUOVADIS(クォパディス)
  • NOLTY(能率手帳)
  • トラベラーズノート
  • EDit

手帳は、一年間使うものですから、自分に合ったものを
じっくりと選びたいですよね。

わたしは今、バレットジャーナルに興味があるので、
モレスキンかロイヒトトゥルムのノートを買おうと悩んでいるところです。

毎年手帳コーナーはいろいろな手帳が販売されるので、ぜひ手に取ってみて下さいね!