勉強

【勉強のコツ】集中力が続かない時は「時間」を意識するのがベスト!

The following two tabs change content below.
MIDORI

MIDORI

ゲームが好きだった40代女性。 今は育児を(本気の)ゲームのごとく楽しんでいます。 子供の成長は、架空のゲームよりもよっぽど面白い……。 大学生だったのは遥か昔のこと。英語が喋れない英米文学科卒(笑)

試験が迫っているから集中して勉強をしたいのに、まるで集中できない!

とお悩みのあなた。

集中して勉強できればスルスルと頭に入る知識も、集中していない状態では何もしていないに等しい時間を過ごしてしまいます。

 

「あれ? さっきから同じところを読んでる気がする・・・」

誰もがこのような経験があるのではないでしょうか?

これがまさしく集中していない状態です。このような時は、ただ文字を目で追おうとしているだけで、その内容は全く頭に入っていません。

これではせっかくの勉強時間を無駄に過ごしてしまい、非常にもったいない!

ここではどうすれば勉強に集中できるのか、集中力を高めるためにはどうしたらよいのかを、具体的にお話しします。

大学の勉強だけではなく、資格試験などにもぜひお役立てください。

勉強方法の効率をあげる方法5選!知らないと膨大な時間が無駄に!? https://twitter.com/march3428/status/1156049863651422209 ht...

時間制限で最大容量を!

人は何故、集中できない時があるのか?

集中できない時とは、どんな時なのか?

あなたはどういう時に「ああ、集中してないなぁ・・・」と感じるでしょうか。

私の経験としては、集中していない時に最も気になるのは「」です。

「音」というのは、集中している時には全く気になりません。

よくあることでは、集中している人に呼びかけると返事がない。ただのしかば・・・いや、まるで反応がない時がありますよね。

あの状態が「集中している状態」です。

あの集中している状態を持続できれば、大学の勉強にしても、資格の勉強にしても、怖いものなしです。

あなたにも「集中している状態」の経験は絶対にあります。

それはどういう時かと言うと・・・好きな事をしている時

子供の頃、無我夢中で遊んでいた時、親からの注意の言葉なんて届きませんでしたよね?

面白い漫画を読んでいる時は、外で道路工事をしていても全く問題にならなかったはずです。

楽しいこと、好きな事をしている時は、いつまででも集中していられます。

・・・あ~だから勉強の時は集中できないのか~、と諦めないでくださいね。

好きな事をしている時以外にも、集中できる時と言うのはあります。

それは・・・追い込まれている時

嫌な響きですが、実際に人は追い込まれると、普段はない特別な力を発揮することがあります。

では、実際にどうやって自分を追い込めばいいのか。

それは「期限を設ける」のが最も有効です。そして期限内に行う勉強量は「最大限」にしましょう。

余裕のある予定を立てると、「まだ余裕~」と心がだらけてしまいます。

そのためにも「期限内ぎりぎり間に合うくらいの勉強量」を自分で設定するのが良いでしょう。

そして見事、期限内に予定の勉強が終わったら、自分に一つ「ささやかなごほうび」を。

自分を追い込んでイヤイヤ向き合っていた勉強だとしたら、したいことを我慢して勉強していたはずです。

無事、期限内に予定をクリアできたら、解放感と共にしたかったことをして、気持ちを一度スッキリさせましょう!

勉強で集中が続かない問題点と解決法【How to focus? 】 よくある勉強で集中を続かせる方法は 音楽を聴きながら勉強をする 何かを食べながら勉強をする 目標を作る アロマを...

「15・45・90」の法則!自分に合う時間を見つけて!

好きな事でもない限り、延々と集中することなど不可能です。

誰でも終わりが見えていない状況というのはイヤなものです。

  • この勉強、いつまで続けてればいいんだろう・・・
  • 興味もない内容を今日中に終わらせられる気がしない・・・

好きでもない勉強をいかに集中して取り組むか。

終わりが見えていれば、しかもその終わりがそれほど遠くない未来だったら、気持ちに整理がつくようになります。

まずは「15分」の時間を定めて、勉強に取り組んでみましょう。

15分なら続けられそう!

と思えませんか?

しかも15分の間に一つの勉強をするのですから、相当集中力を高めないと、ほとんど勉強が進みません。

ひとまず15分、机の上でしっかりと勉強をしたら、一度休憩を入れましょう。

もし15分の集中が続いたら、次は「45分」にチャレンジしましょう。

いきなりハードルが上がるな~と思うかも知れませんが、これは小学校の授業時間と同じです。

小学生でもこの45分を授業で過ごしているのですから、大学生のあなたにできないことはありません。

しっかり時計をセットして、自分で集中することを意識して、45分、勉強を続けてみましょう。

45分を達成したら、次は「90分」。

これは大学の講義の時間と同じくらいですよね。

この90分というのは、大人が集中力を保てる限界で、これ以上続けて何かを続けると集中力が落ちてしまうと言われています。

初めはできなくても構いません。とにかくやってみることです。

90分続けて勉強する場合は、途中で10分ほどの休憩を入れるのがベストです。一度できれば自信につながり、今後も90分の集中力が保てるようになるでしょう。

これらは「15・45・90の法則」と呼ばれており、それぞれ集中できる時間の区切りを示しています。

ただ、人間の集中できる時間が必ずしもこの法則にがっちり当てはまるかと言うと、そういうことではありませんが、一つの目安としてこの時間単位を利用してみるのも一つの方法です。

暗記しなければならない勉強を15分、教本を読みノートにまとめていく勉強を45分、内容を調べながら論文をまとめる勉強を90分など、それぞれの勉強内容に応じて、この法則を使い分けるのも良いでしょう。

集中できる時間帯は、朝!

朝活」という言葉をご存じでしょうか?

朝活とは、早起きして生み出した時間で自分の好きな事をする活動のことを指します。

https://twitter.com/ayasmilyhappy/status/1158859697820012544

早起きというワードに嫌悪感を抱きましたか? しかし早起きとはそもそも「いたって普通のこと」なんです。

人間の体は、朝日を浴びると体内時計がリセットされる仕組みを持っています。これは昔からずっと変わらない人間の性質です。

いわば夜遅くまで頑張って活動している方が人間にとっては「異常なこと」なんです。

何故、夜遅くまで頑張って仕事なり勉強なりをしてしまうのかと言うと、それはその日の内に全てを終わらせてしまいたいから

なるべく仕事も勉強も、次の日に持ち越したくないですよね。できれば早めに、その日の内に終わらせてしまいたい。

しかし夜遅くの頑張りは、必然的に集中力を落としてしまっています。

夜遅くに勉強していると、自分では「頑張ってるな~」と思えるかも知れませんが、実は非常に非効率な勉強時間を過ごしてしまっています。

夜は一日の活動を経て最も疲れているはずの時間です。その時間に「さーて、勉強を頑張るか!」と気合いを入れたとしても、その勉強が身になる割合はさほど高くはありません。

今まで当然のように夜に勉強をしていた方は、一度、夜早く寝るようにして、早起きに挑戦してみましょう

早朝の時間帯と言うのは、夜では経験できないような静けさがあります。まだ周囲が寝静まっている状況なので、驚くほど静かです。

この静けさの中で勉強をすると、今まで体験したことのない集中できる時間を体感できるはずです。

慣れないことと言うのは、初めさえクリアしてしまえば、後は意外にも簡単に進められるものです

多くの方は「変化」を嫌います。しかし一度変化を体験して、それに徐々に慣れて行けば、今度はそれが「普通」になります。それまでどうして朝活をしていなかったんだろうと思えるほど、意識ががらりと変わります。

もし環境的に「朝活」ができるなら、ぜひチャレンジしてみてください。

勉強カフェって知ってる?東京都内にある,11のスタジオをご紹介!! みなさんは、どんな場所で 勉強していらっしゃいますか? 資格でも取ろうか…なんて いざ勉強しようと思っても 家での勉強って ...

集中力を乱すものは遠ざける

時間を決めて、いざ勉強に集中!となっても、環境が整っていなければ集中できないこともあります。

集中力を発揮するために、まずは周りの環境を、できる範囲内で整えましょう。

スマホは必ず遠ざけて!

今やほとんどの人が持つようになったスマホ。この便利な道具は勉強の集中を妨げる最たるものです。

もし机に向かい、紙と鉛筆で勉強をするときには、必ずスマホは近くに置かないようにしてください。若しくは、電源を切っておくのがベストです。

  • いつサークルの先輩から連絡があるか分からないから・・・
  • バイト先から急に連絡があるかもしれない・・・
  • すぐに返信しないと、彼女が心配するかも・・・

常にスマホと共にある生活は、そのような不安を生み出すかも知れません。

しかし、それらは全て「後回し」にして大丈夫です。後で事情を説明すれば済むことです。

近しい関係であれば、事前に「これから1時間くらい勉強するから、連絡できません」と知らせておくのも良いでしょう。

集中して勉強するためには、周囲からの通信はシャットダウンしておきましょう。

音楽は控えめなものをチョイス

音楽を聴いた方が勉強が捗る、ということであれば、しっかりとBGMになるような音楽を選びましょう。

今はYouTubeなどでも簡単に音楽を選んで聞くことができますね。様々なジャンルの音楽がありますが、自分が歌える曲だったり、ノリノリな音楽だったり、強弱の激しいクラシックは集中力を乱してしまう可能性が高いです。

「ジムノペディ」という曲をご存じでしょうか? BGMの代表と言っても良い静かで美しい曲です。このような誰の邪魔もしない静かな曲を流して勉強に取り組むのも、集中力を高める手助けになるでしょう。

もちろん、音楽が流れていたら勉強に集中できない!ということであれば、何も音楽など流さずに勉強しましょう。

私もその一人です。
本当に集中したいときは、BGMを切ります。

これが合っているというただ一つの環境と言うのは存在しません。あなたに合った音を見つけて、その中で集中力を高めて行きましょう。

勉強がはかどる音楽!?クラシックを聴くべきときが遂にやってきた!そんな方でも大丈夫! 今回はクラシック音楽が勉強におすすめな理由に加え、クラシックを全く聴いたことがなくても自然とリラックスできるよう...

漫画、雑誌、読みかけの本などは見えないところに片づけておく

漫画は面白いし、雑誌で可愛い服などを見ると心が躍るし、読みかけの本は続きが気になるものです。

人間、誰しも苦痛な勉強よりは楽しいことをしたいに決まっています。そこをあえて、どれだけ勉強に集中できるかは、勉強以外のものをできるだけ自分から遠い所に置いておく、これが重要です。

目に見えるところにあるだけで、その存在が気になります。一度気になると、もう気になって気になって仕方がなくなります。それはもう、恋に近いものかも知れません。

ですから、気になるものは目の届くところに置いておかないことです。視野に入らない場所に遠ざけておいてください。

もし目に見えなくても、後ろにあるだけでも気になるくらいの存在になっていたら、別の部屋に持って行ってください。別の部屋が特になければ、トイレでもお風呂でも、キッチンの下の収納でも、玄関の靴箱でも、どこでも構いません。

手に取るのに面倒な場所に置いておけば、勉強に集中できないからと言って、わざわざ立ち上がって別の場所に移動して、気になるものを手に取る確率は低くなります。

誰でも、面倒なことは嫌いです。だから世の中、どんどん便利になって行くんです。それを逆に利用しましょう

心配事は視覚化して、後回し

普段の生活の中では、決して勉強だけをしているわけではありません。

大学生活、サークル活動、バイト、友人との交遊、彼女・彼氏との付き合いなど、一人の人間として生活していく上では様々なことが常に変化しながら自分の周りに付きまといます。

そしてそれらは勉強以上に大事なものを教えてくれたりもします。

しかし、それらのことがありながらも、勉強に集中しなければならない時はありますよね。

そのような時、勉強をしながらもついつい頭に気になることが浮かび、集中を妨げてしまうことがあります。

  • 明日は2限だけ空いてるけど、何をしようかな
  • サークルの飲み会の幹事になったけど、まだ飲み会の場所を決めてないんだよな
  • バイトの同僚が休みがちで、いつ店長から代わりに頼むと言われるか分からない
  • 最近、彼女があんまり笑ってくれない、どうしたんだろう・・・

気になることというのは、一度頭の中に渦巻き始めると、延々と渦巻いてしまいます。あることないこと、訳も分からず答えのない答えを求めようと、頭のなかがぐるぐるとしてしまいます。

なぜ延々と考えてしまうのかと言うと、それがはっきりしていないことだから

そこでこれがはっきりするものだと認識できれば、頭の中で思い悩むこともありません。

そのためには、視覚化してしまいましょう。頭の中で渦巻く心配事を紙に書き出す。それだけで頭の中がすっきりとします。

そしてそれらは後で考えようと気持ちに区切りをつけて、メモとしてどこかに置いておきます。

人生は有限です。大学生活は、その中のたった4年間です。

限られた時間の中でだらだらと過ごす時間はもったいない!

気になること、悩み事があっても、それらは一先ず視覚化した上で後回しにして、今はしなければならない勉強に集中しましょう。

集中力が途切れたら、潔く休憩

何をしてもどうしていても、全く集中できない時は、一度、集中することを諦めて、休みましょう

誰だって、日によってコンディションが違います。メンテナンスさえ行っていれば常に同じ働きができる機械とは違います。

45分続けようと勉強していても、30分ほどで集中力が途切れ、勉強から気持ちが逸れてしまったら、一度休憩をいれると気持ちが落ち着きます。

ただ、あまりに長い時間休憩を取ってしまうと、もう勉強に集中することに戻れなくなってしまうので、適度に10分から15分ほど、脳を休ませましょう。

勉強をしている時は常に同じ姿勢で、身体が固くなってしまっています。それをほぐすためにストレッチをして固くなった体をほぐすのも良い休み時間の過ごし方でしょう。

思い切って外に出て散歩に出るのも良いでしょう。ずっと部屋の中で勉強していると、息が詰まりそうになってしまいますよね。リフレッシュの意味も兼ねて、外の空気を吸うことはとても良い気分転換になり、良い休息になります。

ここで注意したいのは、休憩中に何かしらのメディアに触れないことです。スマホやパソコンで何かの新しい情報に触れるだけでも、脳はしっかり休めません。

文字にまみれている勉強における休憩は、文字の世界から離れたところで取るようにしましょう。

勉強のやる気が出ない原因と解決方法【私はこうして乗り越えた!】https://twitter.com/Muma_tus/status/1150687964189491200 「勉強のやる気が出ない...

好きな事はいつまででも続けられる→勉強を好きになる!

初めの方でも少し述べましたが、あなたにも時間を忘れて集中できた時があるはずです。

  • 学校から帰ってきて漫画を読んでいたら、いつの間にか部屋が暗くなっていた。
  • もう少しだけ、もう少しだけとゲームを進めていたら、白々と夜が明けていた。
  • 家で映画を見まくっていたら、あっという間に一日が終わってしまった。

いずれもあなたが「好き」なことは、信じられないくらいに集中力を途切れさせず、続けることができます。

楽しい時間はあっという間。いつまででも集中して続けられる。

それならば、いっそのこと、勉強を「好き」になってしまえば、怖いものなしです。

・・・いやいや、そんなのムリムリ、と思うのが普通かも知れません。

しかし、本当にそれが普通でしょうか? あなたは本当に勉強がつまらないと思っているのでしょうか?

そもそも、どうして勉強がつまらなくなってしまったのでしょうか。

それは、勉強が分からないから、というよりも、押しつけられるから、なのかも知れません。

もし自ら望んで勉強がしたいと取り組めば、これほど楽しいことはありません。自分のやりたいことなんですから。

日本人も昔(明治時代以前)は、皆が自由に学ぶということなどできない環境でした。教育を許されたのは、身分の高いほんの一部の人間だけ。

本当は勉強をこれだけ自由にできるというのは、非常に「特別」なことです。とても恵まれている環境に、私たちはいるのです。

しかも今は、分からないことがあれば、インターネットを使って調べ放題ですよね。そしてそれを自分の知識として蓄えられる。

今のこの特別な環境を考えれば、勉強をつまらないと考えるのは先入観かも知れない、と気づきます。

そうです、全ては先入観。私たちに植えつけられているつまらない考え方です。

勉強がつまらないなんて、恐らくあなたは本当にそう感じてはいません。面白いことに気づいていないだけです。

ぜひ、大学の勉強でも、資格の勉強でも、それこそゲーム感覚で楽しめるように、自分を仕掛けてみて下さい。そうすることで「勉強って、楽しいことなのかも・・・」と思い始めたら、その思いに乗っかって、楽しく勉強をしてみましょう!

勉強でやる気が出る言葉は何?この5選から見つけ出して行こう!    学業に専念しているとよくあるのが、勉強に対してのやる気の低下です。 もっと頑張りた...

まとめ

  • 時間制限で集中!
  • 「15・45・90」の法則を基に、自分に合う時間を見つける!
  • 「朝活」を取り入れてみよう!
  • 集中力を乱すものはなるべく遠い所へ!
  • 勉強を好きになってしまえば、努力いらずで集中できる!

勉強に集中したいと思っていても、環境が整ってなかったり、気になることがあったりすると、なかなか集中できません。

しかし、環境を整えられるのはあなた自身です。周りが自分に常に合わせてくれることはありません。

あなたが環境を工夫したり変えたりするだけで、勉強への集中力は飛躍的に伸びるのは間違いありません。

ぜひ前向きに、「勉強に集中するぞー!」と気合いを入れて、自分で集中できる環境を作ってみて下さいね!

【ピックアップ】企業から「スカウト」されるバイト

オファーバイト
スタッフ登録・スケジュール提出後企業からお仕事のオファーが届く、「オファーバイト」

あなたが望めば、「専門家によるキャリアカウンセリング」、「積み重ねた実績」「あなたの希望」等を元に正社員のお仕事紹介も行います。
お給料 日給 11000円 〜 16000円
(時給目安 1375円 〜 2000円)
対象者 18歳〜30歳の男女中心(大学生歓迎)
場所 関東圏、甲信越地方が中心
仕事内容 抽選会スタッフ ・化粧品販売・その他珍しいバイト

\もっと情報を見る!/

※いつでも辞められます