勉強

【レポート作成時に使えるソフトとは?】~学生のためのソフト4選~

The following two tabs change content below.
haibara60

haibara60

うどん大好き20代男性です。 パソコンの改造が好きなお年頃です。 柴犬は至高、はっきりわかるんだね。

大学生になると、レポート課題や論文提出等が求められることが多くなります。

手書きでの作成も勿論のことありますが、大体の場合がパソコンで作成したものが中心となります。

ここで正しくレポート作成ソフトを使いこなせないと、大学生活4年間が苦しいものになるのは確実です!

では、レポートの作成にはどんなソフトがあるのか紹介していきますね( ゚∀゚)o彡°

また、定番ソフトと無料ソフトについても述べていきます。

失敗しないレポートの書き方【理系・文系】つまづきたくない1年生へ! 大学に入学して、サークルに入って友達もできて、これから順風満帆な大学生活を送るぞ!と希望に満ちた大学一年生が、まず最初につまずくのが...
【レポートの書き方】大学生向けに作成方法からポイントまでを解説! https://twitter.com/keauecr/status/1157574884609810432?s=20 ...

Chapter1 定番ソフト

最初に、レポート作成においてよく使われている定番ソフトについて紹介しますね(*`・∀・´*)

また、この定番ソフトは当たり前ながら有料ソフトです。

無料ソフトが良いという人は、Chapter2で無料ソフトについて紹介しています。そちらを読んでください。

①Word

1つ目は、Microsoftが出しているWordです。レポート作成時によく使われるソフトで、高校の情報の授業で最初に使い方を学ぶソフトですね。

筆者も情報の授業で最初に学び使ったソフトの1つですね。

定番ソフトの1つで、パソコンを購入すると付属品としてインストールされていることが多いソフトです。ExcelやPower pointと一緒にインストールされていることが多いこと又は、単独で販売されていることもありますが大体の場合、Microsoftを購入しようとする際は抱き合わせ(セット)で販売されていますね。

セット販売の価格のほうが、Word単体の価格よりも安いことが多いですからね。

学生時代にPower point要らないよ(ノ゜∀゜)ノ ゛ ポーン!!

と思っても付属品としてついてくるものです。

なお、Word単体の価格は1万6200円(amazon)で、Microsoft office 365 Solo(セット)では、1万2019円(amazon)です。 若干、安いですねヽ(´┏∀┓`)ノ

②Excel

2つ目は、Wordと同じぐらい有名なソフトであるExcelについて紹介しますね。

主な用途は、表やグラフの作成に便利な計算ソフトです。

大量のデータの集計や表の作成、図形の作成等が可能です。

四則演算だけでなく、平均値を求めることもできるため、実験結果を纏め数値化することもできますね。

統計や実験結果を纏めるために役立つソフトですね。

筆者は、Excelのピポットテーブルがかなり苦手なため、極力触れないようにしてしますね。仕事上は、power pointとwordで頑張って作っています。

作れないことは無いのでやっていますが、時間が掛かりますね汗 ━(il`・ω・´;) ━タラァァ~ン

  • 余談その1:power point の使い方

power pointは主にプレゼンテーションや配布資料を作成するために、使うソフトです。プレゼンや発表において、聴く側(観衆)の理解を深めるための資料を作ります。一般には、レジュメと呼ばれていますね。

こういった資料を作成して、理解を深めてもらう用途の他には発表やプレゼンの場で、発表者側が用意して板書代わりとしてスクリーンに表示する際にも使用されています。

板書よりも分かり易いという点と円グラフや棒グラフまた、実験結果といった数値を表示しながら発表できるという点もあります。

wordがレポート作成用、excelが表計算や実験結果の数値纏め用、power pointが資料作成やプレゼン用のソフトと覚えておくと便利ですね。

Chapter2 無料ソフト

次に無料ソフトです。

wordやexcelは有料ソフトですが、レポート作成するためだけにお金を使いたくないという人向けです。

①Googleドキュメント

1つ目は、googleドキュメントについて紹介しますね。

Googleドキュメントとは、音声認識ソフトのことで端末やマイクで声を出すと文字が入力される形式のものです。キーボード操作が苦手な人には嬉しいソフトですね。

また、このソフト(ツール)はグループ化という機能を使えば、複数人で文章の編集が行えます。

例えば、Aさんが1から10行目まで文章を書いていたなら、Bさんが2から8行目を編集しCさんが4から10行目を編集することができます。

筆者は、このツールを留学していた際に使っていました。word等のソフトを使ってもいいのですが、複数人では使えない点、パソコンが使えないと編集できない点等がありこちらのgoogleドキュメントを使っていましたね。

かなり便利でした□_ヾ( ̄∀ ̄*) カタカタ…

「でした」ということは、今は使っていないということです。

このツールの売りは複数人で使えること、パソコン以外の端末からアクセスできることやマイク等による音声認識ですが、この音声認識が問題です。

この音声認識は、100%聞き取ってくれるわけではないため、誤字が出るたびにイラつきます。

改行も必要なため慣れるまで利便性を感じにくいこと、慣れたと思ったら使う環境が無くなっていることなどがあり、筆者は使わなくなっていました。

複数人で使う場面と音声認識が便利そう、又はパソコン以外の端末でも使えるという場合にはお勧めしたいソフトですね。

②Word Online

2つ目は、word onlineについて紹介しますね。

こちらは、インターネットに接続されていればどの端末でも使用することができるソフトです。また、こちらもgoogleドキュメント同様に複数人での作業が可能なツールです。

このツールは、他人に対してアクセス権の有無の設定や、権限の詳細設定もできます。この機能があることにより、有料版のwordやexcelのようにメールに共有したり添付して送信するといった手間が省けます。

この機能は、googleドキュメントも同様ですね。

他にも無料ソフトはありますが、筆者が知っていて実際に使っていたものはこの2つですね。複数人で使う分には便利なものです。

但し、慣れるまでには時間が掛かることが多いですね。

  • 余談その2:一太郎について

このレポート作成において使われるソフトで、話題になるソフトがあります。

それは、一昔前に流行っていた一太郎というソフトです。

当時(大体、高度経済成長期【1955~73年頃】)日本では、wordやexcelではなく一太郎というソフトが多く流通し、且つシェア率も高かったと言われていました。

この状況を見たマイクロソフト社が、最初はwordやexcelをそれぞれ単体で販売していましたが、あまりにも売れ行きが悪く伸び悩んでいました。理由は、英語のソフトかつ他のソフトとの互換性(相性)が無いことでした。

ですので、マイクロソフト社はword単体ではなくexcelとセットにして販売しました。これを抱き合わせ販売(商法)といいます。但し、この販売方法は独占禁止法に抵触(引っかかる)恐れがあり、また公正取引委員会では、

「相手方に対し、不当に商品又は役務の供給に併せて他の商品又は役務を自己又は自己の指定する事業者から購入させ、その他自己又は自己の指定する事業者と取引をするように強制すること。」

出典:企業法務コラム

と言っているほか、不公正な取引法に当たるとしています。抱き合わせ販売の問題点は、消費者に対して他の商品を買わせる選択肢を無くすという点と公正な取引でなくなるという点が問題として挙げられています。

独占禁止法では、「事業者の公正健全な競争が阻害されるおそれが発生した場合、この法律に抵触する恐れがあるとして訴えられることが多いです。

結局、このセット販売は問題なく今現在もセットで販売されています。

この問題について詳しく知りたい人は、検索ワードで「独占禁止法 マイクロソフト社」と検索すると出てきます。

不謹慎ですが、筆者は勉強になったな(黒微笑)と思いますね。

Chapter3 おわりに

  • 定番ソフトはWordとExcel
  • 有料だけど便利
  • 無料ソフトだと複数人で使える
  • 音声認識機能は完全ではない
  • 基本的に、ソフトは自動保存機能(ゲームでいうオートセーブ)がついている

ソフトの自動保存機能ですが、基本的についています。ですが、無料ソフトには稀に自動保存機能がついていないことがあります。ですので、無料ソフトをダウンロードした際は、自動保存機能がついているか注意しながら作成してくださいね。

自動保存機能がついていると思って、保存ボタンを押さずに閉じたらデータが無くなっていたでは完全に萎えてレポート作成に意欲を無くしますね。

筆者は一度やっています、ヽ`(~д~*)、ヽ`…(汗)なお、卒論の作成時にやっているため、2,3日ほど真っ白になっていました。

オートセーブ機能は神、ってはっきりわかるんだね(+・`ω・´)キリッ

【ピックアップ】企業から「スカウト」されるバイト

オファーバイト
スタッフ登録・スケジュール提出後企業からお仕事のオファーが届く、「オファーバイト」

あなたが望めば、「専門家によるキャリアカウンセリング」、「積み重ねた実績」「あなたの希望」等を元に正社員のお仕事紹介も行います。
お給料 日給 11000円 〜 16000円
(時給目安 1375円 〜 2000円)
対象者 18歳〜30歳の男女中心(大学生歓迎)
場所 関東圏、甲信越地方が中心
仕事内容 抽選会スタッフ ・化粧品販売・その他珍しいバイト

\もっと情報を見る!/

※いつでも辞められます