大学生お役立ち情報

らくな家計簿の使い方!話題の家計簿アプリ,不器用なわたしもできた!

The following two tabs change content below.
maimekko

maimekko

北海道在住の28歳女です。 美味しいもの、コーヒー、ムーミンが大好きです。
あなたは日ごろお金の管理はしていますか?

あなたは毎月いくらくらい収入があって、何にどれくらいお金を使っているか把握していますか?
なんとなく将来に向けて貯金したり、節約したりしてるけど、いまいち成果が得られない、そう悩んでいる人も中にはいると思います。

恥ずかしながら、わたしもお金の管理が苦手で貯金が増えず不安な日々を過ごしていました。
「このままではいけない…」と思ってお金の管理について色々と調べていたら、
らくな家計簿というアプリが簡単で続けやすいと話題だったので、
これなら続けられそうと思ってさっそく始めてみることにしました。

そこで今回は、お金の管理が苦手だったわたしにも出来た、らくな家計簿の使い方
実際に使ってみて気づいたおすすめのポイントをご紹介します!

この記事を読むとわかること

  • らくな家計簿とは?
  • 家計簿のメリット・デメリット
  • らくな家計簿の使い方

らくな家計簿とは?

らくな家計簿は、入力するだけでお金の管理が出来る家計簿アプリです。

最近はさまざまな家計簿アプリが出ていますが、らくな家計簿はシンプルで使い方も簡単、必要最低限の機能が備わっているので誰でも簡単に使うことが出来ます。

ほかの家計簿アプリと違い、必要最低限の機能で作られているので、家計簿初心者の人やまだ細かい区分や管理がない学生にもおすすめのアプリです。

家計簿 - らくな家計簿   簡単!人気の家計簿(かけいぼ)

家計簿 – らくな家計簿 簡単!人気の家計簿(かけいぼ)
開発元:Realbyte Inc.
無料
posted withアプリーチ

家計簿をつけるメリット、デメリット

まずは、家計簿をつけるメリットとデメリットを紹介します。

家計簿をつける意味ってあるの?

メリット

  • 毎月のお金の流れが見える。
    家計簿をつけてお金の収入や支出を可視化することで、自分が何にいくら使っているかを把握することが出来ます。

  • 節約する意識が生まれる。
    支出を可視化することで、使いすぎや無駄な出費が見えるので節約しよう、という意識が生まれます。

  • 貯金が出来るようになる。
    節約したことで生まれた余ったお金を貯金に回すことが出来るようになる。

デメリット

  • 毎日記録するのが面倒くさい。
    レシートを毎回取っておいて数字を記録しなければいけないので時間がかかる。

  • 効果が出るまで時間がかかる。
    つけ始めの1,2か月はお金の流れを知ることなので、節約や貯金は増えません。

家計簿をつけることの大切さはわかるけど、レシートを取っておいて、いちいちノートに書くのが時間もかかるし、とにかく面倒くさい!

わたしも今までずっとそう思っていました。

「よし、やるぞ!」と思ってもノートを用意して、ペンを出して…
というのが、本当に面倒くさくて。

ですが、らくな家計簿はノートを開く手間もないし、ペンも必要ない。
スマホひとつで完結
するので、とても楽ちんでした。

何より、自分が何にいくら使ったのか、自動で計算してグラフ化してくれるのが
良かったです。
手書きだとどうしても書いて満足ということもあって、結局どれくらい使ったのか
把握してないこともあるので、グラフ化してくれるのはとてもありがたいです。

らくな家計簿の使い方

まず、アプリをダウンロードしたら、設定を行いましょう!

①画面右下にある設定をタップし設定画面を開きます。

期間のところから日付画面設定を開き、月初めの設定を行います。


お給料日の日にちなどを設定するといいと思います。

わたしは、毎月25日がお給料日なので、25日に設定しました。

週間初めの設定も必要であれば行います。
何もしなければ、日曜始めのカレンダーになります。
学生なら一週間の始まりの月曜に設定しても良いかもしれませんね!

繰り越し設定も必要であれば行います。
繰り越し設定をオンにすると、前月の残りが翌月に繰り越されます。

わたしは、月ごとのお金を把握したいので繰り越し設定はオフにしています。

②区分/口座から収入分類の管理を開きます。


掛け持ちでバイトをしている人や収入箇所が何か所かある人は細かく分類してみましょう。

わたしは収入が複数から入るので、給料を職場ごとに区分しています。

続いて、支出分類管理を設定します。

欄に無いもので、自分に必要なものがあれば追加しましょう。

携帯代やネットの欄がなかったようなので、わたしは通信費を足しました。

③資産管理を開きます。

資産管理を開き、口座やカードなどを入力していきます。

現金や銀行、クレジットカードなど持っている資産を入力します。
もし足りなければ一番下に口座の追加があるので、そこから追加出来ます。

わたしは口座を複数持っているので、使っている口座を追加しました。

④予算管理を開きます。

先に行なった支出分類の支出項目ごとにそれぞれ予算を入力します。
予算を立ててお金を使うようにすると、使いすぎが防げますし、予算に対してどれくらい使っているのかが一目瞭然になります。

あとは、お金を使ったらその都度入力していくだけです。

毎日続けると、一か月後に自分がどれくらい使ったのかが統計で見ることが出来ます。
手書きの家計簿とは違い、自分で集計する必要がないので、簡単に振り返ることが出来るのでとても便利です。

使い始めて一か月後、自分がどれくらい使っているのかを知ったとき、思っている以上に使っていて血の気が引きました。。

まとめ

らくな家計簿は、
シンプルで初心者にも使いやすい家計簿アプリ

家計簿はお金の流れを把握するのに欠かせないツール

わたしは今まで、いろんな家計簿を試してきましたが、らくな家計簿はシンプルなので
とても使いやすく、ずっと継続することが出来ています。
スマホはいつも持ち歩くものですし、時間がかからずに空き時間などで入力できるのが続けられたポイントかなと思います。

わたしのように家計簿が続けられなかった人、家計簿をつけたことがない人には特におすすめしたいアプリなのでぜひ試してみてくださいね。