大学生お役立ち情報

記憶力を良くする方法8選!もう記憶力が悪いとは言わせない!

The following two tabs change content below.
くれよん

くれよん

私は、現在主婦をしている20代です。 毎日アニメや漫画、ゲームなどをして一日を過ごしています。 好きな食べ物はラーメンです!! 特に豚骨ラーメンが一番好きです☆

記憶力というのは、人の人生ととても深い繋がりを持っています。

仕事する時やプライベートの時、記憶力が良かったらと悩むことは人生で一度はあると思います。

今日も仕事で怒られちゃったよ

前も同じことで怒られたことあったな

気を付けようと思ってるのになぁ

私もこの間、昔の友達に会ったのに名前が思い出せなかった

なんで私はこんな記憶力悪いんだろ~

こんな自分を変えたいと思っている方は多いと思います。

そこで今回は、知らないと人生損する記憶力を良くする方法を教えていきたいと思います。

これを読まないとあなたの人生は変わりません!!

一緒に記憶力に悩まない人生にしましょう!

この記事を読むと分かること

  1. 記憶力を良くするための生活習慣
  2. 記憶力を良くするための食べ物
  3. 記憶力を良くするための行動
勉強方法の効率をあげる方法5選!知らないと膨大な時間が無駄に!? https://twitter.com/march3428/status/1156049863651422209 ht...

 

記憶力をよくする習慣

記憶力が悪いと感じたのであれば、まず生活習慣から見直す必要があると思います。

生活習慣を改善して記憶力が良くなる環境を整えていきましょう!

十分な睡眠

人の記憶には大まかに分けて、短期記憶長期記憶があります。

物事を覚えたすぐは、短期記憶として人の脳に定着します。

・短期記憶とは
物事を一時的に記憶すること。数十秒から数分という短時間保持される記憶のこと。
・長期記憶とは
物事を長期的に記憶すること。数年から数十年という長期間保持される記憶のこと。

脳は睡眠中に、短期記憶から必要と判断したものを長期記憶に変えることによって長く覚えておくことができるのです。

なので、質の悪い睡眠だったり十分な睡眠をとれなかったりすると短期記憶から長期記憶への整理が間に合わないため脳にしっかり定着しないということになります。

理想的な睡眠時間は6時間以上になります。

しっかり睡眠をとり記憶を定着させましょう。

適度な運動

有酸素運動をすることによって、脳の血流が良くなり学習能力が向上します。

・有酸素運動とは
長時間継続して行う運動のこと。

有酸素運動で脳に酸素を送り血流を良くします。

なるほどね~

だから、運動もできて勉強もできる完璧な人がいるわけだ!

有酸素運動の種類

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • サイクリング
  • 水泳  など

また、運動習慣のある人は運動習慣のない人に比べて脳の代謝力が2倍も違うという結果も出ています。

このことから、有酸素運動は脳の機能にとても大事なことが分かります。

ですが、今まで全く運動習慣がなかった方がいきなり有酸素運動などをしてしまうと筋肉痛などを起こしてしまいます。

いきなりジョギングしたら筋肉痛で動けなくなった

しばらく運動はやめよう

このようになっては、せっかくのやる気がなくなってしまいます。

なので、運動習慣がなかった方はいつも使ってるエスカレーターから階段に変えるなど身近なことから始めていってください。

食べ物をよく噛んで食べる

食べ物をよく噛むことで脳の、海馬という部分が活性化されます。

・海馬とは

脳の記憶や空間、学習能力に関わる脳の器官のこと。

海馬が活性化されることによって記憶力を高めることができます。

また、よく噛むことで脳内の血流が増え判断力、集中力、コミュニケーション力の活性化にも繋がります。

ですが、不規則な食生活でこれを行っても意味がなくなってしまうので、ご飯は3食きっちりよく噛んで食べるようにしてください。

ストレスを溜めない

ストレスは脳にとってとても良くないものです。

記憶力を良くするにはストレスを無くすことが重要になります。

明日テストだから徹夜で休まずやるか~

長時間休息もなしに勉強し続けても効率が良いとは言えません。

ダラダラと勉強しても覚えたことが頭に残っている割合は少ないと思います。

なので、勉強するときなどは休憩時間と取り組む時間を決めて勉強することをおすすめします。

脳をしっかりリフレッシュさせて効率良く覚えていきましょう。

食べ物

習慣を変えて少しは記憶力に変化があったと思います。

次は、記憶力に良い食べ物を紹介します。脳に栄養を与えて記憶力の向上に繋げましょう。

大豆製品

大豆製品にはレシチンという成分が含まれており、脳や神経組織に多く含まれる成分です。

レシチンを摂ることによって記憶力、集中力、学習能力などの向上に効果的です。

大豆製品が苦手な方でも大丈夫です。レシチンは大豆製品以外にも含まれています。

大豆製品以外にレシチンが含まれる食材

  • 卵黄
  • チーズ
  • イモ類
  • レバー 
  • ナッツ類 など

ナッツ類などはおやつとしても気軽に食べられるのでおすすめです!

青魚

青魚には脳神経を活性化させるDHCという成分が含まれています。

さらに、血液をサラサラにしてくれるEPAという成分も含まれています。

脳の機能にも健康にも良いと言えます。

これらの成分は、体内では作ることができないので食事でしっかり摂取することが大事になります。

毎日摂ることが理想ですがなかなか難しいと思います。そういう時には、サプリメントなどに頼るのも良いと思います。

おすすめの青魚

  • イワシ
  • サンマ
  • アジ
  • サバ  など

チョコ

チョコレートの原料のカカオには海馬の機能を高める効果があり、カカオに含まれるカカオポリフェノールは脳の血流を増やす働きがあります。

特にミルクチョコレートなどではなく、高カカオチョコレートに含まれる高濃度のカカオポリフェノールが効果的です。

なので、カカオ90%くらいがおすすめです。

カカオ90%なんておいしくないよ~

最初は、70%くらいから食べていけばだんだん慣れてくるよ!

私も最初は苦手だったけど今は90%でも食べられるよ!!

ですが、あまり摂りすぎても排出されてしまって意味がないので、

1日当たり3~5枚程を数回に分けて食べることをおすすめします。

その他

習慣、食べ物と紹介しましたが最後に、いつもの生活に一工夫してみて欲しいことを

ご紹介します。簡単なことなので興味があったらやってみてください。

今日1日を振り返る

寝る前の少しの時間、スマホでSNSを見たりゲームをしたりする人も多いと思います。

そのスマホをいじる時間の5分で良いです、今日の1日がどんな日だったか思い出してみて下さい。

今日の良かったこと悪かった事などを思い出して頭の中を整理しましょう。

これを毎日することによって、寝ている間にその記憶を長期記憶に定着しやすくします。

今日は、買い物のお会計が777円だったな~

友達とたくさんお話ができたな~

思い出すことは何でも良いです。

この習慣が身につけば、たくさん勉強しても寝る前に思い出して整理することができます。

寝る前の5分で良いので毎日やってみてください!

まとめ

  1. 睡眠や運動などの生活習慣を変えれば記憶力が向上する
  2. 大豆製品や青魚などを中心としたバランスの良い食事で記憶力を向上させる
  3. 寝る前の一工夫で記憶力を高める

 

勉強がはかどる音楽!?クラシックを聴くべきときが遂にやってきた!そんな方でも大丈夫! 今回はクラシック音楽が勉強におすすめな理由に加え、クラシックを全く聴いたことがなくても自然とリラックスできるよう...