研究室

研究室がつらいときは…京大出身者が贈るやってほしい8つの対策!

The following two tabs change content below.
アバター

おかむらよしき

健康第一、ゆるく文章やデザインを作っています。 インスタやnoteをフォローいただけるととっても嬉しいです! https://note.mu/kohd0705

つらい、逃げ出したい。

どうした、監獄にでも入ってるの?

違うよ、研究室だよ。

そうなのね、何がつらいの?

教授がすごく厳しいしさ、院生の先輩とか頭良すぎて何言ってるかわかんない。

それに、毎日毎日実験で夜遅くなってるからつらいんだ…

今度の報告会までに結果も出さなきゃいけないし…

プレッシャーがある中で毎日長時間頑張っているのね。

そんな状況でも解決策は色々あるみたいよ。

大学生も3~4年生、大学院への進学を機に研究室に配属されますね。

これまでの、講義だけの一方的な人間関係とは異なり、教授や先輩、後輩と密接に関わりながら実験や研究を進めることになります。また、日々のスケジュールも研究室によりますが、朝から夕夜まで研究室に出席することになるでしょう。

そうすると、当然ながら研究上の悩みや、人間関係の悩みが出てきます。思ったように結果が出ない、教授や先輩との相性が悪い…そういった悩みを抱えてしまい、ひどい場合は心身に不調をきたすということもあるかもしれません。

僕は理系ではありませんでしたが、私立の大学から京都大学の法学部に編入したという過去を持っています。その中で、天才たちに囲まれながら自分の能力の差を強く感じ、何度も挫折することもありました。

ですが、今日お伝えする方法を実践し、毎日の勉学に食らいつくことで、無事、卒業することができました

この方法は、研究室がつらいと思っている方にも役立つはずです!

おかむら
おかむら

困難な状況かもしれませんが、きっと乗り切れるはずですよ!

こんな人に読んでほしい

・研究室の人間関係がつらい

・研究室のメンバー、教授のレベルが高すぎてつらい

・毎日の研究がつらい

【研究室の選び方】理系学生向け〜重視すべきポイントを3つ挙げます〜こんにちは。 いよいよ研究室配属の時期となりあなたは今後所属する研究室を決めなくてはなりません。 研究して卒論を書かないと大学を卒業...
コミュ障と悩む女性
コミュ障でつらいと思っても必ず生きてほしい。貴方に贈る10の解決法 コミュ障、一見ポップな印象も受ける言葉ですが、当人からすると深刻な悩みですよね。 以下の中で当てはまることはな...

京大ではこうしていた!つらいときの対策法8選!

つらい女性

人間関係がつらい時の対処法

人の悩みは9割が人間関係、そう言われるほど、人付き合いの悩みは付きまとうものです。

本当につらい場合は、カウンセリングや、学科長に相談するといった手がありますが、具体的な方法はこちらのリンク先に網羅しています。

参考にしてみてください!

研究室の人間関係がめんどくさい,そんな人に送る解決方法6選! 理系の学生にとって、研究室は避けて通れない分野ですよね。これまでの一過性の講義と違い、1日の大半を教授や先輩、後...

人間関係以外でつらい場合の対策法8選

  1. 天才はいるもの、と受け入れる

  2. 時間をかける

  3. 質問を恐れない

  4. 没頭できる趣味を探す

  5. 時間をかければ研究に熟達する

  6. 査読などの事前準備は教授もつらい

  7. 時間をうまく使う

  8. つらい経験も必ず自分の財産になる、と考える

それぞれについて解説していきます。

研究室のメンバー、教授のレベルが高すぎてつらい

研究

研究室、大学院のメンバー、教授のレベルが高い、それに比べて自分はという劣等感をもってしまう時はありますよね。

話している内容が全くわからない、授業のスピードについていけない、そうなってくると、周りにも気後れを感じてしまって一人で抱え込むことに…ですが、そうなると悪循環です。今からお伝えする方法を参考に、状況を打開しましょう!

1.天才はいるもの、と受け入れる

これは僕の話なのですが、大学を京大に変えたとき、本物の天才に数多く出会いました。

高校では成績トップレベル、それどころか、全国模試上位の常連だったり。

彼ら、彼女らは初めから天才だったのか?

もちろん、元の地頭の良さがあるのかもしれませんが、同時に、同期や先輩たちは努力の天才でもありました。

目がさめると同時に勉強を始め、長い時は20時間、平均して1日に16時間勉強している人はざらでした。効率云々以前の話です。

絶対的に、努力の量が桁違いでした。

きっと、あなたのいる研究室にもそういった天才が数多くいるのではないでしょうか?

もともと頭がいいだけではなく、日夜研究に没頭し、知識と経験を蓄えているはずです。教授は言わずもがな、人生を研究に捧げてきたのですから。

そうした人に直面した時、あなたのとりうる対応は二つに一つだと思います。

・天才たちにひたすら食らいつく

・自分は天才でないと受け入れ、研究や授業も最低限頑張る 

僕は、どちらがいいとも言えません。なぜなら、あなたの人生、そして日々の優先順位を僕は知らないからです。ですが、どちらを選ぶにしろそれはあなたの選択ですし、研究室にこれからずっといることに変わりはないでしょう。これからお伝えすることはきっと、研究生活でも役に立つはずです。

2.時間をかける

全てのことに言えることですが、初めはどれだけ下手であったり、知識がなかったとしても、時間をかけることで人は成長するものです。研究についても言わずもがなでしょう。

研究室で成果を出している人は、朝から晩まで、単純計算すれば15時間以上は研究に没頭しているものです。僕の友人も、日々徹夜で実験を行なっていました(マネをしてはいけませんが、健康第一です)。

逆に、研究室の定時、コアタイムだけ出席していてもおそらく約7時間程度だと思います。1日15時間研究する人、7時間だけ研究する人、結果が出やすいのはどちらか、考えなくてもわかりますよね?

3.質問を恐れない

「聞くはひとときの恥、知らぬは一生の恥」という言葉があるように、質問することは恥ずかしいかもしれませんが、積極的に教授やメンバーに質問しましょう

例えばですが、メンバー同士で話していることや、教授が話していることがまるで分からない…そんなこともあるかもしれません。ですが、何度も聞いているうちに、特定の単語であったり文脈が出てくることに気づいてくるでしょう。その時は、「そんなことも知らないのか」と思われることを恐れず、勇気を出してその単語や事象について質問を投げかけましょう。

おかむら
おかむら
僕も分からないことは勇気を持って質問しましたし、相手もこれまで苦労して勉強を重ねてきた経験があるので、親切に教えてくれましたよ。

「分からない」と言う勇気も大事です。

また、実験方法についても同じことが言えるでしょう。

先ほど、時間をかけることについてお話しましたが、闇雲に時間をかけるだけでは、せっかくの大事な時間を浪費しかねません。こちらについても、経験のある先輩や教授に積極的に質問しましょう。

実験の手順や、機材の使い方、分からないことは聞き、どんどん吸収すれば、それだけスピードアップに繋がるはずです。

4.没頭できる趣味を探す

少し話が逸れますが、周りのレベルが高いとどうしようもなくつらくなることもあります。そんな時は、研究と関係のない趣味を持つことをお勧めします。仮に、研究がうまくいかない、どうしても周囲とのレベルが埋まらないといった時期があったとしても、自分の趣味があれば、「自分にもできること、取り柄がある」という心の安定に繋げることができます。

おかむら
おかむら
僕も、大学では音楽サークルに所属していましたが、周囲とのレベルの差に苦しんだ時は、楽器を演奏して気晴らしをしたり、自分のできることを再確認していました。

卒論の中間発表がやばい人はあがいても無駄!じゃあ今できることは何?私にはわかります。 あなたは今、非常にやばい状況ですね?? 『卒論』『中間発表』 今のあなたにとって、この言葉は耳にするだけで意識...

毎日の研究がつらい

毎日の実験や授業で本当に忙しい毎日を送っているでしょう。そうなると、バイトをしたり、他のことをする時間も心の余裕もなくなってしまうもの…リアルに監獄にいるような気分になってしまうかもしれません。

おかむら
おかむら
僕も、大学時代は朝から晩まで勉強、バイトをするような時間もありませんでした。
貧乏学生すぎて、昼食はチョコボールだけ、そんな時期もあり、一年で7kg体重が落ちました…

ですが、こういう状況でも解決する方法は必ずあります!

5.時間をかければ研究に熟達する

元も子もない話に聞こえますが、仕事や何でもそうですが、時間をかけることでそれぞれの作業がスピードアップしていくものです。ですので、今、研究に時間がかかるのは仕方のないこと、今後スピードが上がっていくと考えるようにしてください。

6.査読などの事前準備は教授もつらい

研究室に入ると、実験だけでなく、論文や専門書の査読といった事前学習もつらいものになるでしょう。ですが、これは現役の教授も苦しんでいるものです。中には、徹夜で査読をしてくるような先生もいるので、学生にとってはより時間がかかっても仕方ないのかもしれません。

ですが、こちらについても、初めのうちはつらいかもしれませんが、徐々に英語であったり専門的な内容についても慣れてくるでしょう。

忍耐強く、時間をかければ乗り越えることはきっとできるはずです。

7.時間をうまく使う

研究室というものの特性上、ある程度時間がかかってしまうのは仕方のないことかもしれませんが、使っている時間に目を向けることは可能です。

というのも、例えばですが、昼食に2時間かけているのであれば、お昼の休憩を1時間に縮めることで、1時間研究に時間を使うことができるでしょう。また、実験機材を使っている間の待ち時間に論文の査読を行う…など、効率の良い時間の使い方について検討してみてはいかがでしょうか。

おかむら
おかむら
僕の経験ですが、1日の使っている時間をメモして、何にどれだけ時間を使っているかを可視化するだけでも、自分の時間配分の見直しになりますよ。

8.つらい経験も必ず自分の財産になる、と考える

教授に人格否定をされる、先輩から嫌なことを言われる…こういった人間関係の悩みというのは避けるなどの対策をすべきですが、日々のハードな研究であったり、レベルの高い勉強というのは、たとえつらかったとしても頑張って食らいつくべきです。

なぜなら、そのつらさは、あなたの成長に繋がっているからです。

今、つらいかもしれませんが、半年後、1年後、あなたは確実に成長をしているはずです。

おかむら
おかむら
僕も、大学はとてもつらかった反面、卒業したこと以上に自分の成長を感じることができてよかったと思っています。

大学生が無気力になるのは悪いことじゃない!?今すぐできる脱出法!せっかく大学に入ったのに、それまでの目標に疑問を抱いたり自分のやりたいことがわからなくなってしまったり、なんとなく感じる将来への不安など...

まとめ

なるほど、確かに参考になる。

人間関係については別の話があるんだね。

あとは

1.天才はいるもの。どうするかは自分次第

2.時間をかける

3.質問を恐れない

4.没頭できる趣味を探す

5.時間をかけて研究に熟達する

6.事前準備は教授もつらい

7.時間をうまく使う

8.つらい経験も自分の財産になる

か。

次からこの辺りも意識してみるよ!

そうね。人間関係とかで悩むのは避けたいところだけど、研究がつらいのは自分が成長している証拠。本当に無理しちゃダメだけど、乗り切ったら新しい自分に出会えるよ。

だね…でも、みんな本当に頭がいいんだよなあ。

こんなんで俺将来大丈夫かな?

何とかなるんじゃないかな?

それでも不安なら、株式会社subLime designでは、大学生を対象に無料のキャリア相談とかもあるからやってみたらいいんじゃないかな?

きっと親身に相談に乗ってくれるはずよ。

ありがとう、ちょっと受けてみるよ!

オファー型アルバイトとは簡単なline登録後、スケジュールを送信するとあなたに合ったお仕事が紹介される「オファー型アルバイト」ただバイトしてお給料をもらうだけではなく、バイト実績を元に就職支援も行なっております!...