大学生お役立ち情報

大学生が車通学?!知らないと損することも!4年で数十万円の差が出る?!

The following two tabs change content below.
motomoto23

motomoto23

大学生の娘をもつ普通のサラリーマンです。会社では人事総務の仕事をしており、インターンシップや社員の教育を行っております。 趣味はカメラと言いたくて最近始めました。

入学する大学が決まって、みなさんがまず考えることは通学方法ですね! 

ほとんどの人が公共交通機関を選択すると思いますが、どうしても車通学の方が効率が良い場合は、車で通学する方法もありですね! 

そんな時まず何から検討すれば良いか… 

ここでは私の娘の経験談も含めてみなさんに車通学をする場合のお得な方法をお教えします。

公共交通機関・車のメリットデメリットは? 

まずは公共交通機関の電車やバスなどと車(マイカー通学)のメリット、デメリットを見てみましょう! 

公共交通機関(バスや電車)

メリット 

  • 学生割引がある。 
  • バスや電車の遅延で遅刻しても、遅延証明書を出せば遅刻扱いにならない。 
  • 交通事故のリスクが少ない。 
  • スマホを見たり本を読んだりしながら移動できるので、試験前などは勉強ができる。 

デメリット 

  • 事故や災害で止まった場合、学校にたどり着けない。
  • 出発時間が決まっているので、乗り遅れた場合、学校に遅刻する。
  • 人の目に触れるので、洋服などに気を遣う必要があり、洋服代などにお金がかかる。(特に女性) 

マイカー(車)通学 

メリット 

  • ドアtoドアであまり天候に左右されず学校に行ける。
  • 車内のエアコンを自由に調整でき、服装はラフな格好でもOK。
  • 電車やバスよりも通学にかかる時間が少ないので起床時間を遅くできる。 

デメリット 

  • 事故のリスクがある。
  • 渋滞で遅刻する可能性があり、渋滞での遅刻は、理由が事故であっても認められない。
  • 運転中にスマホを見ることができない。(見てはいけない) 

こうして比較してみるとさらに迷いそうですが、公共交通機関で通学したほうが、楽でなにより好きなスマホを見ながら移動できて、時間を有効に使えそうですね。 

又、最近では学校でも災害情報などリスク管理から、学生に対し情報を発信し、休校などの情報メールなどで伝えている学校が多いようです。 

では車通学はどうでしょう。 

車はドアTOドアが最大の魅力ですが、学生だと免許を取り立ての場合が多く、事故のリスクが高いのであまりお勧め出来ません。また、車の維持などで学生割引というメリットはあまりありません。 

むしろ任意保険などは21歳以下であれば逆に高くなるのが一般的です。 

どうしても車じゃないと… 

という方にはメリットのある維持の方法や購入方法をお教えします。 

まずはいくらかかるか計算しましょう! 

車って以外とお金がかかる!? 

4年間で車の購入費以外にかかる費用は… 

  • 車検費用(新車は1回、中古車は2回):8万円~12万円×2回 
  • 任意保険費用:10万~15万×4年 
  • ガソリン代(50㎞/日・20日で燃費約15k/Lの場合);約1万円×48ヵ月=48万円 
  • オイル交換代(4年で48000㎞の場合で5000㎞毎に交換の場合)3000円×5回 
  • 税金:8000~40000円×4回 
  • その他(冬タイヤやワイパーなどの消耗品)約10万円 

上記を計算すると年間で約30万円ぐらいかかり、4年間では、 

  • 最小:約120万円 
  • 最大:約160万円 

ですから最小でも毎月25000円~33000円程度(+駐車場代)かかる計算になります。 

肝心の車はどうする? 

お金持ちであれば、買ってもらうのも手ですが、大体の方は中古車を選定するのではないでしょうか? 

選定する車ですが、上記の税金に8000~40000円と開きがありましたね! 

この違いは軽自動車と普通自動車の違いです。 

軽自動車の税金は年式によって違います。(以下は自家用車です) 

平成27年3月31日までに最初の新規登録を受けた車は7200円 

平成27年4月1日以降の車は、10800円です。 

では普通自動車は、排気量によって違います。 

1000㏄以下は29500円 

1500㏄以下は34500円 

2000㏄以下は39500円 

となります。(2000㏄以上は非現実的なので割愛します) 

普通自動車の1000㏄を選んでも、軽自動車とは、約2万円ぐらいの差があります。 

これはけっこうおおきいですね! 

そうなると軽自動車をお勧めします。 

ではどうやって車を手に入れる? 

車を購入するにはローンを組むことになりますが、学生ローンには親に保証人になってもらう必要があり、ローン会社によっては審査が難しい場合があります。 

可能であれば、親名義で車を購入することがお勧めです。 

理由は、 

  • 親が会社員であれば、金利の安いカーローンを組むことが出来る。 
  • 任意保険のセカンドカー割引が適用され、保険も安くなることがある。 

いくらぐらいの車を買えばいいの? 

親にローンを組んでもらっても、親の負担になります。 

上記の試算でガソリン代が月1万円でしたので、上限はガソリン代と合わせて2万円が良いところではないでしょうか? 

そうなると4年でローンを組んだ場合、金利にもよりますが、車両価格で50万円ぐらいが妥当ではないかと思います。 

車種はどうする? 

少しでも燃費の良い車を選びたいですね! 

そうなると車両重量が軽い車を選びましょう! 

お勧めは、スズキアルト、ダイハツミラです。 

この車種はメーカー看板ですから作りがしっかりしていて必要最低限装備が最初からついているので不便さはあまり感じられません。 

次に中古車店選びですが、一番良いのはメーカー系の中古車店です。 

買ったあとのアフターサービスが充実しているからです。 

もしメーカー系以外の中古車専門店で気に入った車を見つけたら、整備工場があって整備士がいるか確認してください。 

まとめ 

  • 基本電車やバスでの通学を第一に考え、どうしても車が必要な場合に車通学を検討する。 
  • 車は重量の軽い、燃費の良い軽自動車を選ぶ。 
  • 4年間の通学だけと考えて高価な車は選ばない。