大学生お役立ち情報

大学生のお金の使い方って?【一人暮らしの省エネ現役大学生の場合】

受験を終えれば憧れの大学生、期待に胸を膨らませる高校生の方は多いとおもいます。

でも、大学生っていっつもお金がないイメージがありませんか?

バイトでお金を稼ぐのはすごく大変で時間もかかるのに、お金を使うのは一瞬・・・。
給料日前はいつもかつかつでしんどくなってしまった経験は誰しも一度はあるのではないでしょうか。

この記事では、「せっかく進学したのに、アルバイト漬けの毎日になったらどうしよう…」と不安に思っている方に向けて、大学生がひと月にどれくらいの出費を抱えているのかをご紹介していこうと思います。

身の丈に会わない生活をして学生の内からくれぐれも自己破産などしないようご注意を・・・。

省エネ現役大学生であるわたしの1ヶ月の出費を例に、大学生がひと月にどれくらいお金を使うのかまとめてみました。

この記事を読むとわかること

  • 大学生がひと月に使うお金の一例
    • 日用品(約3000円)
    • 食費(約35000円)
    • ファッション(約2500円)
    • 定期
    • その他(約3000円)

日用品

一人暮らしをしていますと、日用品や生活雑貨などの出費について念頭に置いておかなければなりません。

例えばゴミ出しは週1として、毎週ゴミ袋を消費しているわけですから、10枚入りのゴミ袋は3ヶ月で補充しなければいけないわけです。

洗剤やボディーソープなどの消耗品は無くなり次第補充していますから不定期ですが、体感2~3ヶ月ごとに買っているイメージです。

商品 金額(円) 備考
ゴミ袋(45L) 108 10枚入りのもの、3ヶ月ごとに購入。
洗濯洗剤 940 利便のためジェルボール型のもの、2ヶ月ごとに購入。
柔軟剤 846 2ヶ月ごとに購入
スポンジ(食器用) 108 4個入りのもの、衛生のため週1で取り換えるので毎月購入。
トイレ用ブラシ 604 使い捨て24個入りのもの。6ヶ月ごとに購入。
風呂用洗剤 324 約1年ごとに購入
ボディーソープ 1080 約2ヶ月ごとに購入
シャンプー 2300 同上
洗顔剤 648 同上
歯ブラシ 230 1ヶ月ごとに購入
歯磨き粉 507 約6ヶ月ごとに購入

以上に、わたしが使っている日用品の金額と購入頻度をまとめてみました。

それぞれ消費する期間が異なるので毎月同じ額ではありませんが、ひと月あたりの出費は約3000円といったところでしょうか。

日用品は欠かせないものですが、ひと月の出費に対してはそこまで大きな割合を占めるものではありません。

食費

食費は、日常的な出費では最も大きなウェイトを占めます。

安く済ませようと思えば一食あたり数百円程度に抑えることは可能ですが、無理に切り詰めると体を壊したり、生活に支障が出ることも……

おいしいものを食べに行くのも大学生の楽しみのひとつなので、わたしはあまり自炊に拘らずに食べたいものを食べるようにしています。

商品 金額(円) 備考
お米(5㎏) 1998 無洗米、1ヶ月ごとに購入
インスタント味噌汁 1000 30食入りのもの、1ヶ月ごとに購入

朝食は自宅で食べることがほとんどなので、お米と味噌汁だけは毎月購入しています。

その他の食材については、スーパーで値段を見ながら決めているので一概には言えませんが、例えばレトルトのカレーなら1食あたり98円のものがありますし、100gあたり90円台の鶏肉とコンビニの100円~130円のカット野菜でボリュームのある料理が作れたりもします。

また、授業を受ける日は昼食を学食で済ませます。大体は500円前後なので、500円×20日で月に1万円は学食で使っていることになります。

その他に、週に1~2度は外食します。これは1000円弱に収まることもあれば、飲み会などになると1食で3000円を超えることもありますが、いずれにせよ週の食費が合計で8000円を超えないように調整しています。

一人暮らしは外食でも大丈夫!外食生活のメリット,デメリットとは?楽しい一人暮らしが始まったと思ったら、その反面悩み事は多いです。 一人暮らしの悩みの1つでもあるのが、食費です。 外食は、お...

ファッション

人によってはここが一番大きな出費になるのかもしれません

大学の友人には云万円もするブランドを何着も持っているひとがいて仰天してしまいましたが、わたしはファッションに疎いので季節ごとに上下数着をユニクロで購入する程度しか服を買う機会はありません。

4ヶ月で1万円弱ですから、ひと月あたり2500円になるでしょうか。

靴は大体年1ペースで8000円~1万円のものを買うので、月あたりでは1000円足らずといったところです。

女子大学生のファッションあるある,6つのみんながやりがちな事!多くの女子大学生は毎日私服で大学に通うため、日々鏡の前で色々な服を当てたり、ファッション誌を読んだりと日々努力しています。 しかし、み...

定期券

ひとによっては通学のために定期券を使うことがあるかもしれません。

わたしは大学近くに居を構えることができたのでリアルな数字はわかりませんが、ためしに大宮から新宿までの通学定期を調べてみたところ、ひと月あたり7000円弱もしました。学生としての必要経費です、諦めましょう。

電車の乗り方がわからない!改札で恥をかかないための電車の乗り方交通機関がますます発達し、電車に乗る機会が増えている昨今。 しかし、電車の乗り方がいまいち分からないという人も少なくないはず。 ...

その他

ここまで生活に必要な出費を挙げてきましたが、趣味に使うお金にも触れておこうと思います。

わたしは月に映画を1本から2本観るので、金額にして3000円を消費している計算になります。

また、4冊~5冊の本を買うのでここでも3000円前後使っています。

わたしは新作の映画を観たいのと、新品の本を手元に残しておきたいので妥協せずに出費していますが、レンタルなどを利用すればもっと抑えられるかもしれませんね。

 

まとめ

わたしの出費まとめ

 

  • 日用品は毎月3000円ほど
  • 食費は週8000円を超えない範囲で自由に
  • 服は季節ごとにそれなり
  • ひとによっては定期代
  • 趣味には妥協せず

以上がわたしの月あたりの出費の概要でした。

わたしの場合はだいたい4万~5万円といったところですが、例えばサークル活動に積極的だったり、頻繁に遠出したりするとなると、数万円の出費になります。

あくまでも、省エネ大学生でも月に4万~5万くらいはつかうことになる程度に参考にしていただければとおもいます。