大学生のアルバイト

大学生のアルバイトは何時までできる?自分に合った働き方を探そう!

The following two tabs change content below.
えいみー

えいみー

ひきこもりセミプロ。 夏は冷麺とモロッコヨーグルを主食としています。
大学の講義が終わった後にバイトに入ろうと思うんだけど、みんなそういう時は何時までやってるんだろう?高校生までは夜10時以降は働けなかったけど、大学生はいいの?
たしかに。大学生になると高校生のときよりも色々なアルバイトが選べるし、働く時間の幅も広がってどんな働き方をしようか迷ってしまいますね。

でも、よく考えずになんとなく周りの友達と同じようにアルバイトしていても、それは自分の生活サイクルには合っていないかもしれません。そうすると、結果的に体を壊してしまったり大学の単位に影響が出てくることも。

今回は、そもそも大学生のアルバイトは何時までできるの?というところから、私や周囲の人々の働き方、昼間に働くメリットと夜に働くメリットをあげていきたいと思います。

この記事を読んで、自分に合った働き方を検討していきましょう!

この記事でわかること

  • 大学生のアルバイトは何時まで可能か
  • 昼間に働くメリット・デメリット
  • 深夜に働くメリット・デメリット

大学生のアルバイトは何時までできる?

大学生になったら22時以降も働けるの?それともまだ未成年のうちはダメなのかな?
大学生なら22時以降も働けますよ

労働基準法では18歳以上になれば22時から翌朝5時までの労働も認められるので、大学生は24時間いつでも働いて良いということになりますね。

大学1年生や2年生でまだ未成年という方でも、18歳以上ならば特に法律で定められた時間はないということです。

外を歩いていても補導されることはないし、大学生になると昼夜問わず自分が働きたい時間に働けるようになるのはやっぱり高校生との大きな違いですよね!

みんなは何時まで働いている?

さて、大学生になれば24時間いつでも働けるわけですが、とはいっても本業は学生。

学業がおろそかになってしまうような働き方をすると、その時はお金がたくさん入ってきて良いと思うかもしれませんが、後々後悔することになってしまうかもしれません。

実際に私は、自分に合わない働き方をしてしまいだいぶ後悔した経験があります。

以前雑貨屋さんで13時半から22時半まで月17日前後働いていたことがありましたが、アルバイト先まで少し遠かったので帰宅は23時過ぎでした。

大学が午前終わりの日にはそのままアルバイトに行っていたので、その日やるべきことが全く終わっていない状態で家に帰ってくることになります。

しかしもう疲れているので食事もとらずとにかく寝る、という生活に陥ってしまい、課題もやらなければ寝坊で講義も休みがちになり、食事をおろそかにしていたせいで体重もかなり減ってしまいました。結局その時期の単位はほとんど取れませんでした・・・。

私にとっては、接客や販売のアルバイトが精神的にも肉体的にもすごく疲れを感じやすいことだったようで、もっと早い時間にアルバイトを切り上げて休息をとったり大学の準備をしないといけなかったと今では思います。

だけど、周囲の友達はたまに愚痴りながらもアルバイトを掛け持ちしていたり、居酒屋で朝まで働いて翌日普通に講義に出てくるような人がいたので、自分も同じ感じで普通にできると思っていました。

みなさんに頭に入れておいてほしいのは、周りのみんなが何時まで働いているかはあくまで参考にする程度にしておくということです。

1人1人疲れの感じ方や生活リズムの整え方など全く異なりますから、周囲の人が深夜や朝まで働いているから自分も働かなくてはならないとか、単位に影響はでないだろうとは全く限らないのですね。

どんな働き方をする?

ここまでを踏まえて私は、アルバイトは学業がおろそかにならない程度に、自分に合った時間で行うのが理想だと思います。

私の場合は、昼や夕方にのみアルバイトをするのが自分に合っているとわかったので、今は大学のない日や週末の午後から夕方に倉庫で仕分けのアルバイトをしています。

では、ここから昼間に働くメリット・デメリットと夜間に働くメリット・デメリットをお話していくので、みなさんもこれを機にご自身にあった働き方を考えていきましょう!

昼間に働くメリット・デメリット

メリット

生活リズムが崩れにくい
これは私にとってはすごく重要なポイントです。

アルバイトをしてお金を稼いでも、元の自分の生活や学業がないがしろになってしまえば幸福感はマイナスになってしまいますから。午後から夜8時くらいまでの間のアルバイトなら、夜はしっかり休めるので翌日の大学に響かないところが良いですね。

職種が多い

多くのお店や飲食店の求人が見つかるので、自分の好きなお店でアルバイトできるのも大きな魅力ですよね。

アルバイトの募集をしているところが多く見つかりますし、いろいろな経験を積みやすいのは良いですね!

大学生のバイトランキング5選紹介!人気のバイトはここにある! https://twitter.com/sakuya0409/status/1142708260731940865?...
バイトは登録制がおススメ!大学生の特権!!そしてその進化系とは? 学生だって忙しいんです。 1年生のうちに、一般教養の単位も取っておきたいし、 せっかくの大学生活、 サークル活動に...

デメリット

大学があるとシフトに入れない

特にまだ1,2年生のうちは必修科目が多く、理系学生なら一限から登校して午後は結局夜まで実験になったりと、割と忙しくしている時間でもあるんですよね。するとなかなか昼間にはシフトを入れられなくなってしまい、基本的には短時間のシフトになりあんまり稼げないかもしれません。

一人暮らしだったり出費が激しい方にとっては厳しいかもしれないですね、食費などの節約できるところでの工夫が大事です。
節約食費で我慢したくない食欲の人必見!一人暮らしの簡単レシピとは 節約食費の下準備 まずは節約で食費を抑えるための下準備をしましょう。 ノートに食べたい料理を書き出しま...
一人暮らしの食費の平均は?スーパーのお惣菜で自炊をお得にする方法 https://32lime-design.com/daigakusei-sikaku 月々の食費に「こんなにいつ食べ...
一人暮らしの食費を節約しながら素敵女性がやっているおもてなし術 一人暮らしを始めた時に戸惑うのは、つい2人分の料理を作りがちです。 料理本のほとんどは2人分のレシピですよね。 ...
また、空いた時間だけでもサクサク働けるアルバイトを探してみるのも手ですね。
【企業から選ばれる?】オファーバイトの登録【登録スタッフ3000人↑】【企業から選ばれるバイト】簡単登録後,スケジュール提出をすると, イベントスタッフ, 化粧品販売,等々,あなたにあったお仕事をご紹介致します。8時間程度の稼働で日給は11,000円〜16,000円!...

夜間に働くメリット・デメリット

メリット

時給が高い

夜22時以降から翌朝5時まではそれまでの時給より25%上げるよう労働基準法で決められているので、どのアルバイトでも昼間働くよりも時給が高いはずです。

せっかく働くなら高い時給で働きたい方にとっては、一番大きいメリットではないでしょうか

昼間の営業よりは比較的楽

飲食店や居酒屋の場合、終電時刻が過ぎてしまえばそれまでよりは席に空きが出そうですよね。

お仕事自体は何かしらあると思いますが、お客さんが少ない分気持ち的にも余裕が出て、疲労感は昼間に働くより少なそうだなと思います。

デメリット

生活スタイルに合わないと地獄
実は私も、店内改装の時などに何度か深夜から朝までアルバイトに行っていたのですが、それが自分の生活には合わず数日シフトに入っただけでもとてつもないストレスを感じてしまいました。

私の場合は、深夜に家で作業する時間がとれないことが駄目だったようです。

皆さんそれぞれの生活スタイルがあると思います。それを崩してしまうと本当に体や心に良くないので、十分に気を付けていただきたいと思います。

でも、合う合わないは人それぞれなので一度は深夜アルバイトを試してみてもいいかもしれません。私のように合わないと思えばすぐに疲れがとれるようなことをしたり、場合によってはやめてしまえばいいです。
バイトに疲れたあなたに試して欲しい簡単な7つの疲れ解消法!毎日毎日、バイト三昧で、もしかしたら今の私って、自分のためでもない、お金のためでもない、バイトのために働いてるんじゃない!? なんて思...

まとめ:自分の生活に合った時間で働こう

今回は大学生のアルバイトは何時までできるのかというところから、昼間や夜間に働くメリットとデメリットをお話してきましたが、やっぱり一番大事なのは自分の生活に合った時間で働くことだと思います。

これを機会に、体を壊すことなく、単位を落とすこともなく両立していける働き方を考えてみてください!

まとめ

・大学生は24時間いつでも働ける。

・周囲の人が何時まで働いているかはあくまで参考程度にしよう。

・昼間働くか、夜間に働くかは自分の性格や生活スタイルと相談して決めよう。

【ピックアップ】企業から「スカウト」されるバイト

オファーバイト
スタッフ登録・スケジュール提出後企業からお仕事のオファーが届く、「オファーバイト」

あなたが望めば、「専門家によるキャリアカウンセリング」、「積み重ねた実績」「あなたの希望」等を元に正社員のお仕事紹介も行います。
お給料 日給 11000円 〜 16000円
(時給目安 1375円 〜 2000円)
対象者 18歳〜30歳の男女中心(大学生歓迎)
場所 関東圏、甲信越地方が中心
仕事内容 抽選会スタッフ ・化粧品販売・その他珍しいバイト

\もっと情報を見る!/

※いつでも辞められます