大学生お役立ち情報

【クレジットカードの作り方】学生でもOK!初めての人のためにご説明

金欠の時やネットショッピングを利用したい時、クレジットカードがあると便利な印象がありませんか?

周りの友達も持ち始めている、ということは学生でも作れるはずだけれど、初めて作るまでには何かとハードルが高いもの。お金のやりとりが生まれるというと、不安もつきものですよね。

たしかに、クレジットカードは、カード会社からお金を借りて支払いをするシステムです。ちゃんと理解せず作ってしまうと、支払いができずにブラックリストに載るなどの大変なリスクもあります。

でも、クレジットカードは使い方を間違えなければ、とっても便利で心強いものなのです。

今回は、学生のあなたがクレジットカードを作るための方法をご紹介するとともに、実際にカードを使っていく上での不安を解消していきます。

デビットカードは学生におすすめ!持っていないと損するかも!?クレジットカードを持ちたくても、学生だから持てないと諦めてる人は大勢います。 実際、審査や年齢制限などで学生はクレジットカードが持てな...

クレジットカードって何?

クレジットカードって、その場でお金を払わないってことは、借金しているってことになるの…?どうやって使うの??

商品などを購入してお金を払う際に、その代金をその場でやりとりせず、後から払うという手続きができるカードのことをクレジットカードといいます。クレジット、すなわち信用の上に取引の成り立つカードと言えますね。

支払い方法

  • 一括払い
  • 分割払い
  • リボルビング払い
  • ボーナス一括払い

会社によっては、これ以外の支払い方法を採用しているところもあります。

一括払い

その名の通り、その決済の全額が次の引き落としにまとめて口座から引かれるものをいいます。今の買い物の支払いを翌月(もしくは翌々月)に先伸ばしている状態です。

分割払い

回数を指定して、複数回に分けて支払いを済ませる方法です。一ヶ月ごとの負担は軽くなりますが、その分手数料が高くなる、というのが一般的な仕組みです。かなり大きな金額のお買い物をする時には便利な方法です。

リボルビング払い

カードの利用金額によらず、毎月同じ額を返し続けるというような支払い方法です。この方法で買い物を重ねると、月ごとの負担額は変わりませんが、支払い回数が増えて行く、というイメージです。こちらも手数料がかかる支払い方法の一つです。

ボーナス払い

ボーナスでまとまった収入が入る時期に支払う方法です。手数料はかからない場合が多いですが、支払いまで待ってもらえる期間が長い分、この時期に支払いがきちんとできないと、信用を失いやすいというリスクももった支払い方法です。

買い物の額と頻度によって、支払い方法も使い分けると良いでしょう。

ちゃんと後で払えるって信用してもらって使えるカードなんだね。ということは、作るまでに手続きが大変そう。学生でも信用してもらえるの!?
大丈夫です。ここからは、クレジットカードを持つまでの手続きをご紹介していきます。

学生でもできるクレジットカードの作り方

一般的なカードの作り方

郵送での申し込み、電話での申し込み、店頭での申し込み、オンライン申し込みの4つの方法がポピュラーです。

郵送よる申し込みだと、書類請求をしてから相互に書類のやり取りをするのに全部で一ヶ月ほどの時間を要する場合が多いです。面倒な手続きは、できる限りささっと終わらせたいですよね。

おすすめなのは店頭申し込みか、オンライン申し込みです。

店頭の場合、本人確認などもその場で済む場合が多く、必要な手続きを対面ですべて済ませて、あとはカードが送られてくるのを待つだけ、という場合がほとんどです。初めてカードを作るのなら、対面で説明を受けられるのは安心ですね。

また、オンライン申し込みでは、書類の記入などを入力で済ませることができる便利さに加えて、オンライン入会の特典としてポイントなどを受け取れる可能性が高いことが魅力的です。店に足を運ばず、気軽に始めてみたい人にはおすすめの方法です。

これだけ見ると、すぐにカードは作れそう。「学生」となるとやっぱり手続きは面倒になるの?

学生がクレジットカードを作るなら

①学生カード

学生を対象にした、入門編とも言えるクレジットカードをご存知ですか?年齢に制限を設けてカードを作り、学生を卒業したら通常のカードに移行することができるものです。

これはもともと学生を対象にしているため、アルバイトの収入が少なくても、仮に0円だったとしても、通らない可能性はほとんどないと言われています。

当然学生を対象にしているため、信用の度合いは低いものです。カードの限度額は基本的に10万円に設定されています。使える総額が少なかったとしても、学生で収入がなくても審査が通りやすい、というのは十分なメリットになります。

学生の頃から学生カードを作り、クレジットの支払い履歴を残していくことによって、社会人になってから新たにカードを作りやすくなるのです。

②学生でも申し込める通常のカード

学生は学生カードでなければ保持できない、ということはありません。通常のクレジットカードでも、年齢制限などがなければ申し込むことは可能です。

ルバイトで毎月安定して収入を得ている人は、月々の給料の約12倍を年収として入力し、審査を受けることになります。

申し込みの際に学生でも可、などと注意書きがされているものなどは、可能といいつつ審査が通りづらいという現状もあります。

しかし、卒業後にカードを切り替える必要がなかったり、収入に合わせて限度額を変更することができたり、海外に行く時に入ることができる保険が充実していたりと、学生専用でないカードならではのメリットもあります。

学生がクレジットカードを作る際の注意点

基本的に、社会人がカードを作るのと、大きな手順の違いはありません。

ただ、通学している学校の情報、アルバイト先や住所を記入する場面はあります。この場合、学校やアルバイト先、家族のもとに確認の連絡がいくことを恐れて、本当の情報を書いていいのか、という不安の声を聞くことが多いのです。

何よりも重要なのは、嘘を申告しないこと。信用の上に契約が成り立つクレジットカードに関しては、事実の確認が取れれば問題なくカードは発行されます。嘘の申告がある場合、カードの審査が通らないばかりでなく、今後カードを作りづらくなる可能性もあります。

また、大学生であっても、未成年の場合は親権者の同意が必要になるので、覚えておきましょう。

クレジットカードのメリット・デメリット

ここまでクレジットカードの作り方と信用についてご説明してきました。最後に、クレジットカードをこれから使っていくにあたり、覚えておきたいメリットとデメリットの一部をお伝えします。

メリット

  • 手元にお金がなくてもお買い物ができる
  • ネットで買い物をしても、手数料がかからない
  • お金をおろして支払う手間や、手数料を省くことができる
  • 保険などの補償がついている場合がある
  • 明細が残るため、金銭管理がしやすい
  • 会社によってはポイントやマイルを貯めることができる
デメリット

  • お金の動きが見えづらく、使いすぎたり、自分の能力で返済できなくなることもある
  • 支払い方法によっては、逆に手数料がかかり、お得でなくなることも
  • カードをなくしたり、暗証番号を知られてしまった場合、不正利用の被害に遭うことも

便利な機能がたくさんのクレジットカードですが、良いところも、使いようによっては怖いところもあります。そして、契約は全て信用の上に成り立っているため、一度金融事故を起こすと、その信頼を回復するのは大変なのです。

仕組みをよく理解した上で、賢く使っていきたいですね。

まとめ

  • クレジットカードは、「信用」をもとに契約を結び、さまざまな方法で後払いのショッピングができるカードである
  • クレジットカードを作るには、収入や居住地、勤務場所などの情報提供が必要
  • 学生カードなら、比較的審査に通りやすく、気軽に始めることができる
  • 学生に特別な手続きはないが、未成年の場合は親権者の同意が必要

今回は、クレジットカードの作り方と、その利用の注意点についてご紹介しました。学生は審査に通りやすいといえど、注意したい点もあります。利用のメリット・デメリットをしっかり理解した上で、便利なクレジットカードを使いこなせるといいですね。

また、
今月はクレジットカードをたくさん使ってしまった…効率よくお金を稼ぎたい…
そんなあなたは、ぜひこちらもチェックしてみてください!

【企業から選ばれる?】オファーバイトの登録【登録スタッフ3000人↑】【企業から選ばれるバイト】簡単登録後,スケジュール提出をすると, イベントスタッフ, 化粧品販売,等々,あなたにあったお仕事をご紹介致します。8時間程度の稼働で日給は11,000円〜16,000円!...

 

【ピックアップ】企業から「スカウト」されるバイト

オファーバイト
スタッフ登録・スケジュール提出後企業からお仕事のオファーが届く、「オファーバイト」

あなたが望めば、「専門家によるキャリアカウンセリング」、「積み重ねた実績」「あなたの希望」等を元に正社員のお仕事紹介も行います。
お給料 日給 11000円 〜 16000円
(時給目安 1375円 〜 2000円)
対象者 18歳〜30歳の男女中心(大学生歓迎)
場所 関東圏、甲信越地方が中心
仕事内容 抽選会スタッフ ・化粧品販売・その他珍しいバイト

\もっと情報を見る!/

※いつでも辞められます