勉強

カフェインと集中力の危険なカンケイ!?知らないとヤバいかも!

The following two tabs change content below.
maimekko

maimekko

北海道在住の28歳女です。 美味しいもの、コーヒー、ムーミンが大好きです。
試験前だから集中しないと…

今日は集中したいからエナジードリンク飲んでおこう!

試験勉強の前など集中したいときに、コーヒーやエナジードリンクなどカフェインの入った飲み物を選ぶことってありますよね。

わたしもよく、仕事で集中したいときや、頭がすっきりしないときによくコーヒーを淹れて飲むことがあります。

ですが、ここ数年、コーヒーやエナジードリンクに含まれるカフェインの摂り過ぎによる事故などを耳にすることも増えましたよね。

眠気覚ましや集中力を上げてくれるカフェインは一歩間違えると本当に恐ろしいことになってしまいます。

そこで今回は、知らないと大変なことになってしまうかもしれない、カフェインと集中力の関係についてご紹介します。

この記事を読むとわかること

  • カフェインの効果
  • カフェインを含む食品
  • 集中力を高める効果的な摂り方

カフェインの効果

 

寝不足のときや眠気覚ましにカフェインを摂ることが多いですが、カフェインには、他にもいろんな効果があります。

覚醒作用

カフェインは脳に直接働きかけて、神経を興奮、麻痺させることによって、眠気や疲労を感じさせにくくさせる効果があります。

この覚醒作用によって、頭をすっきりさせ、集中力を上げることが出来ます。

鎮痛作用

カフェインには、血管を収縮させる効果があります。血管が拡張されることによって引き起こる頭痛は、このカフェインの血管収縮作用によって軽減させることが出来るそうです。

風邪薬や頭痛薬などはこのカフェインの効果を利用しています。

また、筋肉の痛みを緩和してくれる効果もあるので、運動の1時間前にカフェインを摂取すると、より効果的にトレーニングが出来るそうですよ。

利尿作用

カフェインには、体内の老廃物や余分な水分を排出する利尿作用があります。

カフェインが多く含まれるお茶やコーヒーを飲むと、トイレが近くなったりしますよね。

 

カフェインを含む食品

カフェインと聞くと、まず思い浮かべるのがコーヒーやエナジードリンクだと思いますが、
実はいろいろな飲み物や食べ物に含まれています。

  カフェイン含有量
コーヒー 60mg/100ml
エナジードリンク 32~300mg/100ml
玉露 160mg/100ml
紅茶 30mg/100ml
ウーロン茶 20mg/100ml
抹茶 30mg/100ml
ココア 30mg/100ml
ミルクチョコレート 20mg/100g
ダークチョコレート 43mg/100g

※メーカーや種類によって多少の違いはあります。

意外とコーヒーより玉露のほうがカフェイン量が多くてびっくりしました。

コンビニでお茶を買うとき、ちょっと悩んでしまいますね。。

スイーツなどによく使われる、抹茶やココア、チョコレートにもカフェインは含まれています。
カフェインは、加工しても減ったりすることは無いそうなので、コーヒーや紅茶と一緒にスイーツを摂るときは意識したいですね。

一日の摂取量

習慣的カフェイン摂取量が400mg/日以下であれば、妊婦を除く成人に安全性の懸念は生じない。妊婦による習慣的カフェイン摂取量が200mg/日以下であれば、母乳育児の乳児に安全性の懸念は生じない。

食品安全委員会

これは、だいたい通常のコーヒー4~5杯分くらいの量に相当するそうです。

ただ、カフェインに対する感受性は人によって違いがあります。
寝る前にいくらコーヒーを飲んでも眠れる人と、全く眠れなくなる人がいますよね?

これは、年齢や体格、病歴、医薬品の使用や体調、遺伝子などさまざまなことが要因となっているそうです。
上記の摂取量はあくまで目安なので、カフェイン入り飲料などを飲むときは、自分の身体や体調と相談しながら、少しずつ摂るようにしてくださいね!

集中力を高める効果的な摂り方

集中力を高めてくれるカフェインのおすすめの摂り方は、少しの糖分を合わせて摂ることです。
たとえば、コーヒーに少し甘みを足したり、チョコレートやキャンディを添えたり。

また、ミルクを入れたり、ヨーグルトなどの乳製品と一緒に摂ると、カフェインの吸収が穏やかになるそうです。

カフェインを摂りすぎるとどうなる?

カフェインの効果の効果の半減期は3~4時間後となっています。

カフェインは摂り続けると身体が徐々にカフェインに慣れてしまいます。
なので、カフェインを摂り続けると次第に効果が弱まってしまい、もっと効果を得ようとして摂取する量が増えていきます。

摂取量をオーバーしてしまうと、カフェインの効果が切れたときに、頭痛や吐き気、動悸などを引き起こしてしまう可能性もあります。
他にも、睡眠不足になり、集中力が低下したり、疲れやすくなったりすることもあります。

また、一度に大量のカフェインを摂取すると、めまいやパニックを引き起こし、最悪の場合、死に至る可能性もあるので十分に注意が必要です。

まとめ

  • カフェインの効果は
    覚醒作用、鎮痛作用、利尿作用
  • 一日のカフェイン摂取量は400㎎未満
  • チョコレートなどの甘いものを少し添えると、より集中力を高めてくれる。
  • 乳製品と一緒に摂ることで、吸収が穏やかに。
  • 摂りすぎると、かえって集中力を妨げてしまう。
    一度に大量に摂ってしまうと、めまいやパニックを引き起こし、最悪の場合、死に至る可能性もある。

ちょっと眠気を覚ましたいときや集中したいときに手軽に摂れるカフェイン入り飲料、カフェインはさまざまな効果があるので、うまく活用していきたいですね!

ですが、一歩使い方を間違えると大変なことになってしまいます。

嗜好品としてコーヒーなどを楽しむのも良いですが、何事も適量が大事ですね!