大学生のアルバイト

アルバイトが受からないのは顔のせい?採用はどこを見ているのか?

The following two tabs change content below.
さおり

さおり

自由気ままなブロガーさおりです。 ズボラな私が男性寮の夕食を担当することになりました。 ダイエット中の男性や塩分控えめを気にする人もいます。 共通人気メニューはボリューム満点のガツガツ食べられる料理です。 節約しながら太らない食べ物をテーマに実体験をブログに綴っています。

悩む女性
悩む女性
アルバイトの採用がもらえません。
このままじゃ就職活動にも自信がもてません。
やっぱり基準は顔ですか?
このままじゃ自分のことが好きになれません。
親に顔のことで八つ当たりしてしまいます。

顔の好みはひとそれぞれです。
今まで不採用にした面接官は「私の顔がタイプじゃなかった」と気持ちを切り替えましょう。

ファッション雑誌のモデルが全て自分好みの顔ではないでしょう?

この記事では、10社以上転職してきた私がアルバイトの採用に顔は関係があるのか、また採用されるコツはどんなものがあるのかについて解説します。

 

アルバイトに採用されやすい顔はある?

実は私、アルバイトも含めて転職数10社以上あります。

性格的にすぐ飽きて転職しますがすぐに次が決まります。

周囲からどうしてすぐに決まるのか不思議がられます。

決して顔のせいではありません。

数多くの職場を経験して分かった顔と容姿について紹介します。

スレンダー系(痩せ型の顔)

痩せている人が有利なアルバイトがあります。

アルバイト先の先輩スタッフを調査してみましょう。

痩せている人が多ければ、面接官は痩せている人を採用しやすい傾向にあります。

面接官の好みもありますが、社内が狭い場合はポチャ系の方は歩くたびに人の机の上の書類を落としたり、椅子に身体がぶつかったりします。

痩せている人を多く採用している企業は社風に近い人を採用するようです。

オシャレなオープンカフェで痩せている人が多いのは、 テキパキ働いて見えそうな人が理想です。

歩き方がドタバタではドン臭く見えてしまいます。

お客様から見られることでますます顔の表情が引き締まる傾向にあります。

アルバイトに応募する前にどんな人が働いているのか観察しましょう。

良く見るアルバイトは実はノルマがあって、太れない職場なんてこともあります。

初めてのアルバイトや人間関係は緊張します。

友達と数人で採用されると悩みを打ち明けられるし、仕事も教え合って早く慣れることができます。

ポチャ系の強み

私の知人にポチャ系のドジ子ちゃんがいました。

なぜかアルバイトや就職活動では1番先に決まるのです。

どうしてなのか先生や友人を交えて研究した結果、ポチャ系のドジ子ちゃんは食品会社の裏方を狙っていました。

ポチャ系だからと言って顔に自信がないのではありませんでした。

ドジが多く緊張する性格なので裏方を選んでいたのです。

さらに食品企業を選び、ニコニコ顔で話す様子は面接官に「好き嫌いなく美味しく食べそう」と採用されました。

仕事をしている時にポチャ系の顔の方に明るくて憎めない人が多く見られます。

そこで学生時代のアイルバイト経験を質問すると居酒屋経験がある人が多いようです。

元気な声で挨拶されると気持ちが良いものです。

また、顔は環境で変わります。

整形などしなくても生命力を感じる人の顔はキリッとしてきます。

面接官は顔を見ているのか?

いろいろな企業に転職すると、入職後に面接官に「どうして私を採用したのですか?」と折を見て聞きます。

すると面接官から「なるほど」の答えが返ってきます。

そこ言葉が私の強みでもあり、期待された部分でもあります。

あなたの強みは何ですか?

採用基準はやっぱり顔?

悩む女性
悩む女性

周囲を見渡すと顔の良い人が採用されているようです。

第一印象が大事と言いますが、顔は変えられません。

メイクや髪型を変えても自信がありません。

第一印象は一瞬で決まります。

顔も含まれますが、実は雰囲気が良いことが大切なのです。

カッコイイ男性ほど自然体だったりします。

一緒に働く人が「真面目で明るく、やる気のある人」だったらアルバイトから正社員に登用したくなります。

でも始めから性格を見てもらうことは難しい

ブスっとしている美人やイケメンより、明るく楽しい会話ができる人が人気があります。

顔で採用される業界はある?

悩む女性
悩む女性

どう見ても顔が良い方がお得なイメージがあります。

残念ながら顔で採用する面接官もいます。

私の友人が学生時代にスキー場のレストランでアルバイトをしていました。

お客様に水を出したりオーダーを取る人は顔の良い人が担当を命じられました。

お客様が帰った後の皿を下げる人は普通の顔の人です。

裏方で皿洗いを命じられた人はブスと呼ばれる人だったのです。

面接官や教育係は顔について何も言いませんが、あきらかに誰が見てもわかるというのです。

始めはアルバイト仲間同士、休憩も和気あいあいと楽しい時間を過ごしていましたが、時間が経つにつれ目も合わせることがなくなったそうです。

その後、そのレストランは経営者が変わりました。

残念ながら顔で採用するアルバイトは存在します。

わざわざそのような場所を選んで顔の差別を受けることを私は好みません。

それよりも自分の顔を受け入れてくれるアルバイト先の人達と楽しい時間を共有することをお勧めします。

どんなに良い顔の人でも、心の底から出る笑顔には敵いません。

私の同級生に元モデルがいます。

誰もが憧れるタレント事務所を辞めて、なんと18歳で第2の人生に学生生活を選んだスレンダー美人です。

遠くからでも美人とわかる顔ですが、本人は子供時代から「顔の良い人」の中で常に勝負してきました。

顔で選ばれることがない業界で生きていきたいと言うのです。

良い顔の人ならではの悩みです。

アルバイト面接に採用されるコツ

第一印象を良くするコツ

人気芸能人や敏腕営業マンは鏡を見ながら笑顔を練習しています。

日本人は外国人に比べると姿勢が悪いので、背筋をピンを伸ばしましょう。

あごを引きましょう。

視線は好きな人が向こうから来た時をイメージすると、自然に優しくて明るい表情の顔になります。

その顔をどんな時でも引き出せれば、恋愛でも友達作りにも利用できますよ。

履歴書の書き方のポイントと写真の必要性

悩む女性
悩む女性

写真写りが悪いです。

履歴書の顔写真は重要ですか?

写真は必要です。

面接官によって要らない場合もあります。

その場合、大抵は面接官と知り合いで形式だけの履歴書となります。

しかし初対面の場合は顔写真がある方が好印象です。

ハローワークでも履歴書の書き方で推奨していますよ。

履歴書の写真について

一般的にインスタントの証明写真は美白効果機能がある機会もありますが、写真館で撮った方が映りはキレイです。

しかし雨の日や夕方に撮った写真は顔映りがくすむ傾向にあります。

証明写真は晴れの日がおすすめです。

そして白いハンカチを膝の上にひくと自然なライティング効果が狙えます。

上半身のみが映るので写真館にジャケットのみを持ち込んで撮影する人もいます。

私の経験では上半身はリクルートスーツで、ボトムはジーパンで撮影した履歴書写真はなぜか不採用のケースが目立ちました。

写真撮影する時は映らない場所にも気を配ることをお勧めします。

背筋をピンと伸ばし、あごを少し引くと小顔効果があります。

背が高い人は知的でテキパキした印象に見えます。

小柄な人は実際の身長より高く見えるので、面接官に良い意味での意外性を持たれることもあります。

履歴書の写真はやっぱり必要です

アルバイトでも履歴書写真は付けましょう。

履歴署の顔写真で不採用を決めることはあまり聞きません。

面接官がよく見ている箇所は「志望動機」です。

アルバイト先で「何がしたいのか?」「やる気」を重要視しています。

私はアルバイト先でも就職先でも何故か上司や女性先輩の近くに配属されます。

お酒が一切飲めないのに飲み会部長と気が合うことから、上司の採用する際の本音も聞くことが多くあります。

履歴書の写真を必要としているのは教育係が多いようです。

大勢いるアルバイトや新人の名前と顔を覚えるために教育係も人知れず努力していました。

リクルートスーツ姿の履歴書の顔写真と、実際の人柄や服装を見ると「履歴書写真は役に立たない!」とぼやく教育係もいます。

それでも顔写真は採用する側は顔を大切に考えています。

まとめ

  • 仕事によっては、顔が重視されることがある
  • 自分にあったアルバイトを選ぶのが大事
  • アルバイト面接に採用されるコツ
    • 背筋を伸ばし、あごをひく
    • 笑顔で対応
  • 履歴書の写真は晴れの日に写真館で撮ってもらうと良い